« 評価と評定 | トップページ | 日本史B »

2007/01/19

『教員改革』

今年に入ってから初めての高校での模擬授業があった。
午後の2時間といういつものパターンだ。
2時間目が始まる前に、1時間目を終えた生徒が入ってきた。

「おー、お前さ一時間目何に出た?」
「ん、わからん」
「なんで?」
「寝てたから。一番前で寝てたし」

という会話をしてくれている。次の講師の私が側にいると分かっているくせにである。
言うじゃん。
私にさらにスイッチが入った。
教師をなめたらいけないよ。

当然、一人として寝かすことはなく、びっしりと50分知的興奮に包んであげた。うっしっし(死語)である。

本当は、今日は糸井先生のところの「ダンスで理科」を見に行きたかったが、公務では仕方がない。

            ◆

そこで、研究室に戻り集中して資料漁り。
先日買っておいた『教員改革』(東洋出版 鈴木義昭)を読み切る。いやあ、良かった。

東京都教育委員会の指導主事をして、その後小金井市の教育委員会の指導室長をされた方だが、非常に説得力のある事例と、教員改革への提案をされている。私の主張と重なる部分も多く、
(を、同じ思いを抱いている先生が、東京都教育委員会にもいらっしゃったか)
とびっくりするような嬉しいような思いがした。

中でも驚いたのが、資料編に「こんなときあなたはどうする?」という生徒とのやり取り集があり、まるで『こんな時どう言い返す』であった。

小学校の先生出身の鈴木先生であるので、四月からの児童教育学科での教員の卵の鍛え方に関しても、いろいろなヒントを得ることが出来た。

糸井先生のところに行けなく残念だったが、これはこれで良い時間の過ごし方ができたなと満足。

            ◆

さて、明日はセンター試験の初日である。
私は初の試験監督だ。

都立高校の入試日とセンター試験の日は、なぜか雪に見舞われることが多い。現在の天気予報では明日は曇り。最高気温は9度ということなので、まあ、雪の被害は大丈夫そうだ。

今日は早めに布団に入り、たっぷりと寝て、試験監督に力を注ぎましょう。

« 評価と評定 | トップページ | 日本史B »

コメント

教員改革が今日アマゾンから届きました。気がついたら半分ほど一気に読んでいました。

同じ東京都の教育現場で行われていることなのになかなか見えない部分について色々知ることができて興味深いです。

時代に取り残されたベテラン教員が問題教員になってしまう。うなずける点が多々ありました。

耳のお加減が良くないとのこと。お大事にしてください。

お見舞いありがとうございます。痛いというような感じではないのですが、ふっとい脱脂綿を右耳だけにずっと押し込まれているようで、どうも集中が出来ません。

            ◆

一気に半分ですか。
そうですよね、この本なかなか刺激的ですよね。
新人教師の評価規準は、授業を五割にするとか、事務量を減らせとか面白いことが書いてありますよね。

さらに、指導主事として授業が苦手な教師たちを指導してきた経験からの発言ですから、説得力があります。

ですが、これは当たり前で普通の教師だって出来る子どもだけ教えていて教師でございなんてこと言っている人がいたらおかしいですもんね。出来ない子どもたちを相手にして、初めて教師ですもんね。

読み終わったら、『下流志向』(内田樹)が待っていますよ(^^)。この本はいきなり私のH19の年間トップ3に入るのではないかと思わせられています。

衝撃的です。

『下流志向』(内田樹)買い物かごに入れておきます。内田樹さんはHPを読むだけでも刺激的で面白いですね。

武田鉄矢さんもお気に入りだそうで、毎朝通勤時に聞いている「今朝の三枚おろし」(ラジオ)でもよくネタ本になっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13575886

この記事へのトラックバック一覧です: 『教員改革』:

« 評価と評定 | トップページ | 日本史B »