« 毎日新聞の携帯電話断食 | トップページ | 必見 ディベート授業ライブ »

2007/01/10

とうとう全貌が現れた

久しぶりに天気がよい。
比良山に雪がかかっているのが玄関から見える。
こういうとき高層階に住んでいるのは良いなあと思う。
Mthira

            ◆

こういう日は夕焼けもきれい。
校舎の間、高速道路の上に広がる夕焼けは、息をのむ美しさであった。
Yuukei

            ◆

そして、とうとう全貌が現れた。
京都橘大学文学部児童教育学科新校舎、児優館だ。
工事の足場を取り、作業場を確保していたフェンスを撤去し、灯りも点き始めた。
なんか、ジーンと来る。
Jiuu

子どものころは、新しいものが自分の回りにくるというだけで、ただそれだけのことで嬉しかった。何も考えることなく嬉しかった。

だが、流石にいまはそうではない。新しいものが現れると言うことの色々な意味を受け止める。

            ◆

明日は、今年最初の授業。国語科教育法2でデジタルストーリーテリングで作品を作ってくる。学生たちがどんな名作を発表してくれるかな?

楽しみ、楽しみ。

« 毎日新聞の携帯電話断食 | トップページ | 必見 ディベート授業ライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13425082

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう全貌が現れた:

« 毎日新聞の携帯電話断食 | トップページ | 必見 ディベート授業ライブ »