« 朋遠方より来るあり | トップページ | させていただく »

2007/02/25

ナイトメア

佐瀬さんのブログを寝る前に読んだのが原因だと思う。実に苦しい夢を見たf(^^;。

中学三年生の定期考査で、自分の出題した試験が終わり回収したところ一種異様な雰囲気。何だろうと思って、答案を確認すると、解答用紙が自分で作った模範解答の入っている解答用紙になっていた。
(が〜ん)
やり直しである。
(こりゃあ親からどーんとクレームが来るぞ。ううううう・・・っ)
で、目が覚めた。ふう。

再び寝るも、また、同じような中学校の生活指導で子どもたちと格闘する夢。うなされて起きる。ふう。当たり前だが、まだまだ体から中学校の教員が抜けないものだ。

            ◆

昨日は病院に行って検査。低音域は聞こえるようになってきたものの、高音域はダメ。さらに耳鳴りも治らず。薬を継続して飲むことに。耳鳴りの根本的な原因は今の医学でも分かっていないとのこと。そんなぁである。

(突然こうなって、そのままかよ)

これが人生だと思いながら、納得のいかない私。でも、目が覚めたら体が動かない人もいるのも人生。まずは受け止めて行かなければなあと思う。

            ◆

学生たちの卒業制作書道展が市内の京都文化博物館で、今日の日曜日まである。私は昨日行って来た。本学の文学部書道科は、大学生の書道展で四年連続金賞を受賞するレベルの高さである。

私が授業で教えていた四年の学生たちも、当然ではあるが作品を出していたので見に行ったのである。

屏風の作品と巻物を主体とした作品が所狭しと展示されていた。屏風は結婚式でも使えるぐらいの大きさ、巻物では三メートル以上。大したものである。◯ 遂良(ちょ すいりょう )の字体で書いてあるものや龍門石窟の字体で書いてあるもの等、私にもなじみ深いものもあった。

作品を仕上げるということへのエネルギーを沢山感じられて、少し元気になる。学生たちはこれでいよいよ卒業である。寂しくなるねえ。

            ◆

その後、カーナビを見たら書道展の会場から近いことが分かったので耳の快癒を祈念して、再び今宮神社にお参り。

帰り道でちょこっと車の後ろをぶつけてしまってショック。
そういうこともあの悪夢に繋がったのかもしれないf(^^;。

« 朋遠方より来るあり | トップページ | させていただく »

コメント

私のブログのせいで悪夢を見させてしまったようですみません。

私も試験を受ける夢をたまに見ます。大学受験なのか教員採用試験なのかはっきりしません。

目が覚めて、「ああ、自分は教員なんだ、よかった」と思います。記憶深くに自分でも気づかないトラウマが刻まれているのでしょうか。

試験問題を金曜日に作り終えたおかげで、今日は楽しい1日を過ごすことができました。

耳の具合はやく快癒されますように。

ぼくも突然ふってきて、突然なおっていきました。
横浜で病院で見たら、異常なし・・・。
う~ん。
でも、お参りのおかげかな・・。

横浜では、中華街関羽廟によくおまいりに
いきます。三顧の礼ではないですが・・。

先生の耳一日でも早くよくなるように祈っています。

佐瀬さん、アンコウ鍋は美味しかったですか(^^)。
なんか「せい」にしてしまってすいません。しかし、試験というのは受けるのも、作るのも、採点するのも嫌なもんですねえ。教師になれば少しは楽になるかと思ったのですが、なりませんでした。

ながたくさなん、突然治っていたというのは良いですねえ。耳鳴りは強い時と弱い時があるので、体調やなんやらにも関係しているのかもしれません。

中華街ですか。懐かしいなあ。私はよく大学時代は良く中華街に通いました。料理は「青葉」に行きましたし、道具は照宝に買いに行きました。市民プールで泳いで風呂に入って、D突堤やかもめ町で海を見てと楽しんでいました。

遊んでいましたねえf(^^;。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朋遠方より来るあり | トップページ | させていただく »