« レシピの法則 | トップページ | 軽い武者震い »

2007/02/01

高大連携

今日は高大連携事業の一環で、高校生に2時間授業を行ってきた。「古典の世界を」ということだったので、百人一首を中心に、なんで古典を学ぶのか、古典を学ぶとどんな良いことがあるのか、実は百人一首って・・・ような話をしつつ、実際に対戦をしてみた。

             ◆

教室に入るといきなり
「こんにちは!」
と明るい声で迎えられた。
(よし、授業やったるぞ)
という気持ちになれる。

自己紹介は、聖蹟桜ヶ丘が『耳を澄ませば』の舞台で、そこに去年まで住んでいたと言う話から始める。
『を、流石に女子は知っているな、この漫画』
と言いながら
『を、女子なんて言い方するの久しぶりだな』
と呟いてしまう。

            ◆

なぜ、古典を学ぶのか。これについては、去年『月刊 国語教育研究』(日本国語教育学会編 2006.12  NO.416)に「提言 古典の世界にふれる」ということで書いた。これを元に話す。

『高校二年生が理解できる世界と、納得できる世界は違い、理解を元に将来の納得の世界へと進むためには、いま学ぶことが大事で、それがあなたの人生を豊かにするのだよ』

のようなことを話した。ま、他にもいろいろと話をしたのだが、子どもたちは明るさとは別に、真剣に聞いていた。

            ◆

5時間目で、コミュニケーションができたなと感じたところから、6時間目は実際に小さな大会を開くことにする。

ではあるが、6時間目の最初に
「先生、字、むっちゃきれいですね」
と板書の字を褒めてもらったので、お習字の話もする。
摸書の大事さを話す。

で、二試合を行う。
久しぶりに札を読んだ。昨日の酒が影響しているのか、ちょっと枯れ気味の声になってしまったf(^^;。が、必死に読んだのが伝わったのか、真剣に取り組んでいた。

途中で、上の句で下の句が捜せる「あんちょこペーパー」を渡してあげる。
「先生、これすごいやん。あいうえお順で捜せる!」
と喜んでいる声。
『そうだよ。百人一首は五十音順になっていないから捜すのが大変だろ。だから、五十音順に作り直したんだよ』
「これは使える!」
ってな感じで、それを見ながらさらに試合はヒートアップ。
あっという間の2時間であった。

            ◆

最後に感想を書いてもらい、終わりにする。
なぜ古典を学ぶのかの話が、彼ら彼女らに届いたようでほっとした。
「折角京都にいるのだから、もう少し、文化と言うものを学ぼうと思った」とか「大人になるのが楽しみになった」とか、「字を上手くなるようにしたい」などの声もあった。

良い時間を過ごせました。
また、機会があれば会いましょう(^^)。

« レシピの法則 | トップページ | 軽い武者震い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13737091

この記事へのトラックバック一覧です: 高大連携:

« レシピの法則 | トップページ | 軽い武者震い »