« 見て分かる | トップページ | 『<学級>の歴史学 自明視された空間を疑う』 »

2007/02/22

なんという偶然

郵便局に用事があって、大学に行く前に立ち寄った。
すると、昔のミニクーパーSが停まっていた。しかも、グリーン/グリーン。かなりいじってあって好きものという感じが出ていた。

用事を終えて車に戻ったら、そのミニクーパーSも駐車場を出るところであった。しかも、方向は同じ161号線。結果的に私がその後を走ることになった。

161号の長良トンネルを一緒に走る。すると、対向車線にグリーン/白の現行ミニクーパーがすれ違った。

旧型ミニクーパーS  グリーン/グリーン
現行ミニクーパーS  グリーン/白
現行ミニクーパー   グリーン/白

なんという偶然。
ほんの一瞬だったが、これは妙にドキドキしてしまった。

そんな気持ちになれる車なんだなあ。
これはこれで病気かもしれない。

« 見て分かる | トップページ | 『<学級>の歴史学 自明視された空間を疑う』 »

コメント

 ご無沙汰しております。毎日読んでおります。(^_^)
 Cooperネタで反応するのも何ですが、私もCooperに乗っていたことがあります。ROVER社のMINI Cooperの35周年記念モデルでした。この車は私と同じ年齢なので、何か感じるものがありました。
 あまりの個性故に、1万キロを突破した頃に手放しました。でも、また乗りたくなるんですよね〜。本当に不思議な車です。
 BMWのCooperも良さそうですね。
 今度、真面目な話で教えていただきたいこともありますので、またよろしくお願いします。

なんと、峰本さんも同病相哀れむだったのですねf(^^;。
クロスレシオだと思います。
「走ろう、走ろう!」
と言ってきませんでしたか?
気がつくと100キロぐらいは走っているんですよね。嬉しいんだか、悲しいんだか。

入試が一段落したら、時間ができるのでしょうか。
何かお役に立てることがあればどうぞご活用ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見て分かる | トップページ | 『<学級>の歴史学 自明視された空間を疑う』 »