« 捲土重来の諸君 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

2007/03/15

研究室の引っ越しの準備

午前中は、本年度最後の高校での模擬授業。滋賀県内の高校で行う。余裕を持って出かけたのであるが、車にちょっとしたトラブルがあり、到着がギリギリになってしまった。間に合って良かった。

今年度は、児童教育学科の開設準備のために他の児童教育学科の先生方よりも一年早く本学に着任したのであるからして高校への模擬授業は、私の本務の一つである。しかして、結構回ったなあと思う。

高校生に授業をするのは、今の私にとって苦ではない。どちらかと言えばやりがいのある仕事だ。大阪、兵庫、福井、滋賀、京都と高校を回り、それぞれの土地の雰囲気を感じ、教育を目指そうと本格的に思った最初のタイミングの高校生に授業をするのは、面白い仕事である。

が、ちょっと回数が多かったかなf(^^;。
来年度は、児童教育学科のスタッフが増えるので、私の担当する数も減るだろう。取りあえず、お疲れさん>オレである。

            ◆

午後からは研究室にこもり、研究室の引っ越しの準備をする。研究室にある本棚、その半分の本が段ボールに収まった。引っ越しの日は20日。土日で何とかなるだろう。

この作業をしていて色々なことに気がつく。

久しぶりに体を使って重いものを持って移動するので、筋肉が張る。私は右足を支点にして動く体であるのが良くわかる。

段ボールを組み立てるときに、どのような手順で行えば効率が良くて上手く行くのかを考えながら行っている自分がいた。ルーティンワークのはずなのに、どうにかして効率よく、つまり「手を抜いて」できないかと考えている私がいた。

作業、実技。これらは人間の本音の部分をあぶり出してしまう。口でいくら偉そうなことを言っても、ばれちゃうんだよね。怖い怖い。

            ◆

さて、明日は卒業式だ。
晴れると良いなあ。
娘たちは晴れ着だろうからなあ。

« 捲土重来の諸君 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

コメント

 池田さん ご無沙汰いたしております。
 私の方も卒業式は無事終了しました。今年度はPTA会長ということで,挨拶や謝辞を述べる機会が多かったです。でも,これも良い勉強となりました。教員という立場ではなく,他の立場で学校をみることができるのですから。
 通った の読み方ありがとうございました。
 私は,なんとか明日研究室の片づけが終わりそうです。

「通った」 
そうですか、お役に立てて幸いでした。やっぱりあの詩は私達のような義務教育の学校の教師をしていた人間にはジンと来ますよね。

研究室の引っ越しの準備も完了とのこと。また、新しい生活が始まりますね。美味しい魚、食べに行きます。よろしくお願いいたしますf(^^;。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 捲土重来の諸君 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »