« 今日は結婚記念日 | トップページ | 社会人としての成人式 »

2007/03/27

教員免許更新

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200702210314.html
から。

引用開始 ーーーーーーーーーー

教員免許更新、管理職は講習免除 教育2法案ほぼ固まる

2007年02月22日06時05分

 文部科学省は21日、文科相の諮問機関の中央教育審議会(中教審)に、政府が今国会への提出を目指している教育関連3法の改正案の概要を示した。教員免許更新制では校長ら管理職の講習免除を盛り込んだ。この更新制や義務教育の目標、副校長や主幹の新設には大きな異論が出ず、2法案の内容がほぼ固まった。一方、教育委員会のあり方をめぐっては意見が対立したままだ。

 文科省は同日、3法案について意見募集を実施すると発表した。通常の「パブリックコメント」は30日間で締め切るが、今回は22日から1週間のみ。突貫ぶりが改めて浮き彫りとなった。

 教員免許の更新制導入は教員免許法の改正案に盛り込まれる。免許の有効期間を10年とし、更新には講習を受けなければならないとする内容で、06年の中教審答申とほぼ同じになった。講習は30時間を想定し、校長や教頭など勤務実績を考慮して「必要性がない」と判断された場合は、講習の必要がないとした。指導力不足教員対策として、同時に教育公務員特例法も改正し、認定された場合は研修を受けなければならず、研修中は免許更新の対象にしない。

 学校教育法の改正では、これまで学校種別に設けていた教育の目標のほかに「義務教育の目標」を新たに設定。教育基本法の改正で入った「公共の精神」や「我が国と郷土を愛する態度」などを盛り込む。また、これまでの中教審の議論を踏まえ、学校の自己評価とその公表の義務化や、副校長や主幹、指導教諭の新設も提案している。

 この二つには、21日の会議で大きな異論は出ず、このまま法案となる可能性が高い。しかし、地方教育行政法の改正では、政府の教育再生会議が提案した、教育委員会への国の是正勧告・指示権を盛り込むことを中心に21日も反対意見が出ている。

引用終了 ーーーーーーーーーー

教員免許更新の目的は何か。この記事を読みながら家で父親と話していた。そしたら、見事に一致してしまった。うひゃあ。

これ実施されることになるのだろうが、分からないことがいくつか。

1)誰が講師をするのか
2)費用は誰が負担するのか
3)私はどうなるのか

1)これは、主に教育委員会の指導主事か大学の教員養成課程の教員が行うことになるのかなあ。そうなると夏休みはどうなるのだろうか? 現状でも大学は集中講義などがあり、私だって来年度も3つの集中講義がある。ここにさらに免許更新のための講座が入ってきたらかなり忙しくなるぞ。研究できるのか?

2)税金からまかなうということはないだろう。運転免許の更新だって自腹だからね。30時間以上の講習ってことはかなりの費用になると思うが、自腹ね。

3)もし、私が講座を担当するとしたら、私の教員免許はどうなるのだろか? 折角専修免許まで取ったのに、そのまま失効ってのは納得いかないしねえ。

卑近な疑問でなんともみっともないが、気になるんだよな。

« 今日は結婚記念日 | トップページ | 社会人としての成人式 »

コメント

研修免除の枠を広げないと現場は大変なことになりますね。30時間すべて夏休みは無理ですね。平日もとなると抜けた分の教務はどう手当するのでしょう。

中学校も徐々に大量採用時代に入ろうとしています。ということは初任研にも相当の人と時間と労力が必要と言うこと。そこに更新研修が重なって・・・。このままヒラ教員でいた方が得ですねぇ。きっと。

10年毎に研修する機会が与えられると考えればまんざらでもないですね。ただ、それが自己負担となると少し話が違う。教員の質を高めたいなら、学校が負担すべきでしょう。ということは公立学校では税金か、とすれば国民の理解が得られるか。私立学校は生徒の授業料や助成金から捻出するのか。
裁判官・検察官・弁護士とか、医者という俗に「先生」と呼ばれる資格にも更新制度があるのでしょうか。そっちの方が、命や生活に直結しているようにも思います。
いずれにせよ、思いつきでやると後悔しますよ、政治屋のみなさん。

佐瀬さん、コメント遅れました。思ったより年度末がハードでしてf(^^;。

私の知り合いの東京の管理職の先生で
「やってられっか!」
状態になっている方も数人います。どうしたらいいのでしょうかねえ。子どもと授業にきちんと関われる状態に戻さないとねえ。
今度道徳を教科にしようなんて動きもあるし。教育に直接関わる者が、声を出さないとダメですよね。

のぶさん、遅れました。
直接命に関わる仕事をしている医者が、免許更新がないというのも変ですし、ベテランも新人も同じ治療費というのも変だと私は考えています。
明日の教室で、お待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は結婚記念日 | トップページ | 社会人としての成人式 »