« 本日中に、100000アクセスか? | トップページ | 負けへん! »

2007/04/12

研究入門ゼミ通信「起筆」NO.1

結局通信を書いてしまう私がいます。
今年は、研究入門ゼミと国語科教育法で書くことになるんだろうなあ。教師のスタイルはなかなか変わらないものだなと思う。

お付き合いください。

引用開始 ーーーーーーーーーー


ご入学おめでとうございます。

今年度、君たちのCクラスのクラスアドヴァイザーとなりました、池田 修と申します。
一昨年度まで、東京の杉並区立和田中学校というところで、教鞭を執っていました。昨年度から京都橘大学にお世話になる事になりました。

この授業を受けるみなさんは、将来先生になろうという意志を持っているみなさんです。そのみなさんが将来教育・保育の現場に立った時に十分に力を発揮できるように、大学では基礎学力と専門的力量を鍛えることになります。この授業では、教育・保育の専門的な学びを支える学び方を身につけて行くことになります。じっくりと学びましょう。

さて、以下には新入生キャンプの感想を、文体を変えて載せます。

            ◆

信じられないくらいの一週間が過ぎ、そして、その最後の一泊二日にとんでもない新入生キャンプがあり、これを乗り切った諸君は心地よい疲れと充実感を持っているのではないかな。改めて京都橘大学の一員になったことを、歓迎するよ。

勉強する側から、勉強させる側へ。遊ぶ側から遊ばせる側へ。ルールを守る側から守らせる側へ。教師と言う仕事は、子どもを育て次世代につなげるためにある仕事だ。少しでもよい学びを与える、少しでも良い環境を用意する。そのきっかけをこの新入生キャンプで、オリターたちの活躍から学ぶことができているとすれば、アドヴァイザーとしての私も嬉しい。

            ◆

残念ながら我らがCクラスは、後一つのところでさまざまな賞を手に入れることは出来なかった。これは本当に残念である。
(二つ取ったクラスよ、いいから一つぐらいこっちに寄越せよ)
と思う。

が、実は諸君は他のクラスが絶対に手に入れることの出来ないものを手に入れているのである。

            ◆

教師になる時に必要なもの。それはたくさんある。が、その中でも私がかなり重要だと思っているものがある。それは、努力しても頑張ってもダメだったという経験である。

何もしないので、ダメ。こんなのは何の意味もない。やってもやっても出来なかった経験。これが大事なのである。君たちが将来出会う子どもたちは、やってもやっても出来ないことを繰り返す子どもがほとんどである。それでも、やってもやっても出来なくても、やり続けて行くのが人生なのである。

そんなとき、やったら出来たという人生を繰り返している人には、この「やってもやっても出来ない」という子どもたちの気持ちは分かりにくい。しかし、君たちはこれをやりきっている。これが大事なのである。教師を目指す人間にはとても大事なのである。

そんなことが分かる教師であれば、やってもやっても出来ないことを繰り返している子どもに、
「大丈夫。君がそれを繰り返していれば、やがてなんとかなるさ。先生もそうだったし」
と心からの言葉で言ってあげることができるのだ。君の経験と素直な言葉が子どもに届くものだ。

            ◆

やってもやっても出来ない経験でも、これを繰り返していると、ある日突然出来るようになる。これを閾値というのだが、これについては授業で扱うことにしよう。

とまれ、よくやりきった。
私は、君たちの姿を見ながら、とても嬉しくなったよ。
(やってもやっても出来ないか。なあんだ、オレと同じじゃん)
とね(^^)。

引用終了 ーーーーーーーーーー

研究入門ゼミ通信「起筆」NO.1より

« 本日中に、100000アクセスか? | トップページ | 負けへん! »

コメント

努力しても頑張ってもダメだったという経験

こういうことをしっかりと説明でき、その上で何事にも努力を促せるような教師と言うのはすばらしいと思います。

がんばればできるのだから、がんばりなさい
ということを言って理解させるのは簡単。

でも、
がんばってもだめかもしれなけれどがんばりなさい
ということを納得させ、なおかつモチベーションを維持もしくは向上させるには大変な力量がいるのだと思います。

また、結果はいいに越したことは無いのかもしれませんが、
その過程を評価できるということもすばらしいと思います。

教育ってのは経験が必要だなあと思いますよ。若さは勢いでやっていけますが、その若さが無くなってきた時にどうやって教育をやって行くか。これは経験に裏打ちされた指導力なのだと思います。

私はよい教え子たちに出会えたので、たくさんの良い経験をさせてもらっています。色々なことを考えて学ぶことができました。感謝しています。

この思いも当然教師をしながら改めて気がつき、考えて言葉に出せるようになったものです。正直に話すとこのような言葉になると思ったので、そのまま書きました。

分かってもらえて嬉しいです(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日中に、100000アクセスか? | トップページ | 負けへん! »