« 花と文章の一日 | トップページ | 自分をくぐらせること »

2007/06/09

第一稿は書き上げたぞ

うっしゃあ。第一稿は書き上げたぞ。「あとがき」を残して書き上げたぞ。5月14日に執筆を始めてから一ヶ月弱。読みたい本を押さえつつ、執筆の方に集中してきた甲斐があったなあ。

締切を一週間前にして、第一稿が書き上がったぞ。50494字だ。原稿用紙にすると126枚か。一週間あれば推敲も結構できるな。

            ◆

しかし、面白いなあ。書き上がったちょうどそのタイミングで学生が研究室にやってくるとは。国語科教育法の授業に出ている書道科の学生たちだ。今日昼ご飯を生協で食べようとしたら声をかけられた。

再来週に迫った作品展のために、書き込みをするので大学に来ていると言う。体を動かしやすい格好になっているのはそういうわけか。

その学生たちが、
「活を入れてもらいにきました」
と、調度私が書き終わったタイミングでやってきた。

あと5分早くやってきたら、私は返事をしなかったろうに。
学生たちも
「お邪魔になったらどうしようと思いながら、そっとノックしました」
と言っていた。確かに、弱々しいノックだったなあ。

            ◆

あれやこれやと小一時間話す。今日は八時過ぎまで書き込むと言う。
学生諸君、頑張れよ。

さ、私の方は、今宵はちょっとしたお祝いでもするか。

« 花と文章の一日 | トップページ | 自分をくぐらせること »

コメント

先生のブログ見ていて、
月刊国語教育に数年前書いて半ばあきらめていた詩のボクシングの実践論文を送ったら、
「書いてください!!」との依頼が・・・。
さらに、自分のサークルのブログを見て
「しょうかいしてください!」とのこと。

調子に乗っていいですよ。
って言ったら、10p×2でした。

うれしいやら、たいへんやら?・・・・です。

それは良かったですね。
書くは考えるですから、どんどん書いて自分の実践の意味を客観的に考えてみると良いですよ。それで原稿料がもらえるなら、奨学金ですね。

ただし、確定申告はしっかりと。
公務員は給料が決まっていますから、それ以外の収入がある場合、きちんと雑収入として申告しておくことが大事ですよ。

領収書もきちんと保存しておきましょう(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花と文章の一日 | トップページ | 自分をくぐらせること »