« 瞬間集中 | トップページ | 毎日新聞新聞で紹介されました »

2007/06/04

言い訳をすれば良かった

「先生、顔赤いっすねえ」

私が研究室を出ようとするタイミングでやってくるのがTM君である。
ま、私は軟式野球部の顧問をやっていて、彼は代表だからいろいろと私の判子が必要になるのだけれどね。

『そ、そんなに赤いか。別に酒を飲んでいるわけではないぞ』

            ◆

月曜日は研究日。授業の準備をしたり、読書に勤しんだり、文章を書いたりする日である。前日から早寝をして、早起き。んでもって朝風呂に入って気分を整えて、ダーッと読書である。

一服するのにテラスに出た。
これが間違いであった。
気分が良くなり、ちょっと長目に外にいたのだ。

はい、日焼けしてしまいました。
テラスは東南向き。
午前中の日差しをきっちりと浴びてしまいました。

            ◆

資料を求めて、夕方に大学に向かう。
「失礼。只今、文章と向き合っております。急用の人、予約の人だけお会いいたします」
と長さ40cmぐらいの紙に書いたメッセージを扉の外に張り出して、うんうん唸りながら、格闘していたところに、
「トントン」
とノックの音が。

そりゃあ、急用なのだろうと思って扉を開けるわな。
すると見慣れない人、しかも満面の笑顔。
某出版社の営業の方であった。
た、頼むからメッセージを読んでくれ。

名刺だけ戴いて、丁重にお引き取り願う。

            ◆

(ふう、さて。今日の山場は越えたし、顔も火照ってきたし、今日はこれまでにしておいてやるか)

と片付けをしていたところに、TM君である。
「先生、顔赤いっすねえ」

あ、文章に熱中していたからだと言い訳をすれば良かった。

« 瞬間集中 | トップページ | 毎日新聞新聞で紹介されました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瞬間集中 | トップページ | 毎日新聞新聞で紹介されました »