« 第一稿は書き上げたぞ | トップページ | 仲間に届けること »

2007/06/10

自分をくぐらせること

いいね。

先週一人も作っていなかった男子諸君も、名刺を作り出した。一週遅れということもあって、その分工夫してある。大学のHPから大学のロゴをコピーして貼ってあったり、顔写真が貼ってあったりしてある。

名刺はなんのためにあるかといえば、連絡先を知らせるということもあるが、相手に自分を覚えてもらうきっかけを作るというものでもある。

君たちは、人生初名刺を作ったことで嬉しくなっていると思う。その気持ちは大事にするがよい。しかし、私達のような大人からすれば、一大学生から名刺を貰ったところで余程のことがないかぎり、後から名刺を見直しても、その学生の顔を思い出すことはない。

いや、君たちだけではない。私の名刺だってそうだろう。「京都橘大学文学部 准教授 池田修」と書かれた名刺を貰った人は、余程のことがなければ
(ん、誰だっけ?)
となるものだ。

だが、人間は顔についての記憶は結構ある。昔、美術の先生に教えてもらったが、数十枚の写真をわら半紙のサイズ(B4ね)にちりばめたものをしばらく見せて、あとからどの写真があったかを確認するテストをすると、人間は圧倒的に「顔」のある写真を覚えているとの結果があるというのだ。

だから、広告には人の目を引く、人間の顔が多く使われているとのことなのだ。

簡単な実験をしてみると良い。
友人10人の名刺をバラバラにして机の上に並べてみるが良い。その中で、上品に目立つものがあるだろう。その名刺が人の注目を引いているということである。そんな名刺になるようにヴァージョンアップしてみると良い。

さらにいいね。

NO.11に『私が読んでいていて面白いと感じる文章は、「自分の中をくぐり抜けている文章」である。』と書いた。この通信が功を奏したのか、こういう文章を書こうと努力を始めた諸君が出始めた。

引用開始 ーーーーーーーーーー

また先日、先生がおっしゃっていた『流行』についてTさんと一緒に調べた結果、流行色についてわかったことが、3つあります。

1) 2年前からインターカラー(国際流行色委員会)、現在のライフスタイル、色彩調査。という3本柱が基準となり、JAFCAで流行色を選定していることです。
2)JAFCA(ジャフカ=流行色情報センター)が約1年半前にトレンドカラーを発表し、多くの企業に情報発信していることです。
3)3本柱を考慮しながら、ファッション・グッズ、紳士・婦人服などに関して、春・夏、秋・冬の年に2回、自動車・化粧品に関しては、年に1回専門委員会による色選定会議が行われることがわかりました。
参考URA(注:URLね)を載せます。http://www.jafca.org/ColorInfo/flochart.html

インターカラーについては、世界のファッションカラーにまで多大な影響を与えていることに驚き、流行色の選定は世界規模で行われていることを学べました。

引用終了 ーーーーーーーーーー

何が良いと言えば、自分のひっかかりをきちんと調べている点である。
私は授業中に
『流行色というのは、流行っているのではなくて流行らされているんだよ』
という説明をしたが、
(本当?)
と思ったのであろう。そして、それを調べてみたのである。

さらに、それを仲間にも知らせようと、また、データの正しさを示すためにホームページのアドレスを掲示板に載せている。これが良い。

自分をくぐらせたものを、仲間に発信する。give & takeではなく、give give give である。

6月 6日 「起筆」 NO. 13 

« 第一稿は書き上げたぞ | トップページ | 仲間に届けること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第一稿は書き上げたぞ | トップページ | 仲間に届けること »