« 私達の甲子園もあと少しである | トップページ | いよいよ彼らも夏休みである »

2007/07/28

関西青年塾

前日投票のあと、慌てて家に帰り奈良に向かう。若手教師の授業力養成をめざした研究会、関西青年塾があるからだ。今回の内容はこの夏に行われる授業づくりネットワークの、miniネタグランプリのネタ見せである。

関東にいた時は、京都と奈良はすぐ近くて、京都と滋賀は随分離れているというイメージがあったが、これは全く逆。奈良は遠い。今回は橿原の近くの畝傍御陵前というところまで近鉄で向かう。1時間30分かかる。

さすがに遠いなあf(^^;。

            ◆

ネタ見せの前に、30分のミニ講座をと依頼されたので、行う。模範授業と授業の理論をしてほしいと。う〜むと近鉄に乗りながら内容を考えた。

実際に行ったのは、私の国語の授業の授業開きネタ。通常は三年に一回しか行わない授業だが、大学に移っては一年に一回行っている。いずれにしても、この授業をやるのは非常に機会が少ない。やることが少ないのだから、見ることなんて本当にないだろう。特別天然記念物ものの授業と言えようf(^^;。

そして、その後の簡単な理論編。授業の構成、声、指示のベクトルについてお話をする。頭で分かったとしても、一朝一夕には上手くできないのが授業だ。だが、少しは役に立てると良いなあと思う。

            ◆

土作先生もミニ講座をされた。私は何回か聞いているネタなのだが、何回聞いても面白いし、納得する。ほとんど落語の世界になってきているなあ。

            ◆

その後、三人の先生のネタ見せがあった。をを!これはと思うものもあれば、おりょ?こりは?というものもあった。いくつかの指摘をした。一週間後の本番に向けて参考にしてもらえると嬉しいなあ。

            ◆

で、楽しい飲み会。翌日の歯医者のことも頭にありつつも、飲み会。歯の調子が悪くて固いものが食べられないが、飲み会。

岩牡蠣発見! 
これなら食べられる。
美味しく食べて飲めた。

で、気がつくともう終電もなくなっていた。
土作先生のお宅に急遽停めて頂くことに。新築の大御殿。吉野の山を借景にした素晴らしいお宅。ありがたやありがたや、と思いながら爆睡する私であった。

« 私達の甲子園もあと少しである | トップページ | いよいよ彼らも夏休みである »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私達の甲子園もあと少しである | トップページ | いよいよ彼らも夏休みである »