« 合同ゼミで保育に触れる | トップページ | その反比例と正比例の正確さ »

2007/07/11

中島みゆきは

中島みゆきは、私の音楽の歴史の中にほとんど顔を出さない。本人が歌うのでは「時代」「世情」「地上の星」ぐらいかなあ。楽曲は良いと思うのだが、どうも歌い方がダメで入っていけない。

高校の時にクラブの仲間が歌っていた中島みゆきの曲。いいなと思ってオリジナルを聞いて、早々に退散していた。

しかし、楽曲は良い。
小田和正さんが歌う「化粧」が良い。
念のために、オリジナルの化粧も聞いてみたが、やはり退散f(^^;。

            ◆

言葉の選び方が絶妙である。
恋愛の敗者の姿をこんなふうに描き出せるなんて、すげーと思う。

引用開始 ーーーーーーーーーー

流れるな涙 心でとまれ
流れるな涙 バスが出るまで

引用終了 ーーーーーーーーーー

引用開始 ーーーーーーーーーー

バカだね バカだね バカだねあたし
愛してほしいと 思ってたなんて
バカだね バカだね バカのくせに Ah
愛してもらえるつもりでいたなんて

引用終了 ーーーーーーーーーー

これをあのメロディーに載せて、小田和正さんが歌う。
これは反則だろうと思う。

            ◆

切ない歌っていいよなあ。
しばらく、カラオケに行っていないなあ。

« 合同ゼミで保育に触れる | トップページ | その反比例と正比例の正確さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合同ゼミで保育に触れる | トップページ | その反比例と正比例の正確さ »