« 中島みゆきは | トップページ | 「授業づくりネットワーク2007 in東京」 »

2007/07/12

その反比例と正比例の正確さ

大雨である。
琵琶湖の水位を計るために規準にしている岩があるのだが、これが水没していた。増水しているのが良くわかる。

しかし、雨の琵琶湖も美しい。
一面の雨雲である。
その雨雲の厚みの違いが、空の明るさの違いとなる。
その空の明るさの違いが、湖の輝きの違いとなる。

ひどく当たり前のことを書いているが、その反比例と正比例の正確さに、やっぱり感動を覚えるのである。

            ◆

午後から会議。
4時間に渡る長丁場である。
だが、この会議も面白い。
頭のいい人、言葉のセンスのいい人の会話を聞いているのは、それだけで勉強になる。

            ◆

帰宅すると、雨はひとまず上がっていて、琵琶湖は遠くまで見渡せた。
明日は晴れるかな。

« 中島みゆきは | トップページ | 「授業づくりネットワーク2007 in東京」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中島みゆきは | トップページ | 「授業づくりネットワーク2007 in東京」 »