« その角度から来るか! | トップページ | も体力勝負 »

2007/07/21

そんなんで良いはずがない

コメント頂いているように、今日で関東以西の学校は夏休みに入る。
「うっしゃあ、夏休みだ!」
と言えたのは、いつまでだろうか。

            ◆

私が教師になった頃は、
(うっしゃあ、夏休みだ!)
と思いながらも、そんなに楽しい感じはしなかった。
なんとなれば、授業ができないからである。
もっと言えば、子どもたちとわいわいできないからである。

(うーん、つまらん)
と思っていた。
私はその頃は、どちらかというとクラブクラブの教師でもなかったし。子どもたちと授業をしている方が充実していたと思う。

            ◆

ところが、数年勤めると、(うっしゃあ、夏休みだ!)の方が強くなってきた。夏休みに集中して取り組むことが増えてきたからであろう。そして、研修の仕方も分かってきた。(ちなみに、研修とは研究と修養であり、教師にとって見聞を広めることは重要な研修の一つである。旅行も大事な研修である)

(うーん、つまらん)が少なくなってきて、いい感じであった。

            ◆

ところが、数年前からは
(うっしゃあ、夏休みだ!)
という思いは、無くなった。

さらに、卒業生を送り出しても
(ああ、卒業か・・・)
という思いも少なくなってきた。卒業生がいなくなったら、すぐに新しい書類の波に飲み込まれ、次のサイクルに突入。

気持ちの切り替えにホゲーットする時間が一週間とは言わない。三日欲しい。ただ、あまり知られていないが、教員にとっての春休みは、いわゆる長い休みの中で一番忙しい。年度末の事務処理に、新年度の準備。学校を動かす企画を提出する先生になると本当に土日もなく走り回る。ワープロに向き合いつづけることになる。

そんなんで良いはずがない。

            ◆

この夏休みと言う言い方だって、急に
「子どもが夏休みであって、私達教員は夏休みではありません」
と管理職に言われるようになったもんな。

ちなみに、東京の先生の夏休みは何日だか知っていますか?
10行ほど考えて頂きましょう。

三日間です。夏休みとして与えられるのは、三日間です。
あとは、有給休暇を調整して取れる先生は取ります。
クラブ等で指導する先生は、生徒が強いほど休めません。

            ◆

とまれ、「夏休み」が始まります。
子どもが学校にいないと寂しいと思えた時代は、幸せだったのか不幸だったのか、良くわかりませんが、いない方が事務仕事は捗ると思います。

教職関係ののみなさま。
どちらさまも、少し体のリズムを休みモードに切り替えられて、疲れを取ってくださいますように。
私はもう少し頑張ります。

Shokanohanataba

« その角度から来るか! | トップページ | も体力勝負 »

コメント

池田先生、東京都の教員の休み(夏休)は5日間ですよ。週5日制になってからそうなったと思います。

私は年休を合わせて10日間くらい休みを取る予定です。

夏休みに入った実感はありませんが、久しぶりに仕事のことを考えない土曜日を過ごしています。

ありゃ、間違えました。ありがとうございます。永年勤続のリフレッシュ休暇と間違えてしまいました。あれは、15年で三日だったと思うのですが。

夏休みは五日間でしたね。
でも、一般の人が思っている先生はずーっと夏休みであると言う誤解を解かないと上手く行きにくいのではないかと思っています。

今年も北海道ですね(^^)。

休みが多い。
そんな県教委があってもいいのではないかと思います。
しっかり、自由に、研修の休みを上げると・・。

採用試験の売りにしたら面白いのに・・。

ちなみに岐阜県は四日間でした。
びっくりしました。横浜より少ないなんて。意外!

その通り、東京の夏期休暇は5日ですね。
結婚する前は、その5日でさえもとらずに、部活だ、何にもないけどとりあえず学校に行こうか的な日とで学校に行ってました。
で、結婚し、子供を二人授かり、「これじゃあイカン!」と強く思うようになりました。
だって、私が子供の頃、約1ヶ月母の田舎、山形に行って、「大田舎生活」を楽しんでましたから。自分の子供もそんな生活をさせてあげたくて。
で、研修し自分自身をスキルアップしながらも、家族との生活も大事にしています。
でもね、池田先生と同い年で、先生のような研究職にもあこがれます。ということを京都の中学校で働く親友に話すと「いや、合田の生き方が正解だよ!」と言われてしまいました。彼は、荒れた学校の再建要員として、市教委から一本釣りされたのです。
研修とは「家族との思いで作り」もその一つ!と割り切りながら、何だかどっかでしっくりこない男、合田でした。
ちょっと愚痴かな?

ながたくさん、子どもたちと会えないと寂しいと言うか、生活のリズムが狂うんじゃないですか(^^)。私はだんだん自分の体から曜日の感覚が消えていくのが、夏休みの醍醐味だったのですけど、これはなくなりましたねえ。

夏休みの多い教育委員会。優秀な先生が集まるかな(^^)。見てみたいものです。

合田さん、私は隔週の週休二日制になっても有給とは別に夏休みがあることすら知らないでいましたf(^^;。必要がなかったんですね。

でも、週休二日制になり休暇の計画をきちんと立てないと上手く回らなくなりました。

教員の仕事は、言ってみれば非常に雑学的な知識や体験が必要で、それを夏休みに自分のお金で体験して研修しているとも言えるわけです。いろいろな体験が指導に役立つし、体験していないと指導しにくいんですよね。なんとなれば、目の前にいる子どもたちは多種多様ですから。

このあたりの事情は本来は教育委員会とかが、きちんと説明してほしいと思うのです。もちろん、この体験を単なる遊びの名目にしているような教員は論外ですが、ここの見極めは難しいのでしょうかねえ。

私の大学の同級生は36歳で東京の指導主事になりました。まあびっくりしました。授業がしたくて教師になったんじゃないの? 授業が少しできるようになったぐらいで管理職かアと思いましたね。

でも、人はいろいろなことがあって進路を選んでいくもんだなあと、改めて思っています。

池田先生
お忙しいのに、丁寧にお返事頂き、恐縮しています。
私も、教員生活の前半(10年)は、「夏期休暇って何?」っていう感じで勤務していたのです。
でも、我が子が生まれ、部活も「自粛?」し、まさに「家庭に戻る夏休み」になりました。
それでも、夏には「スキルアップ!」と自分に言い聞かせ、時間を見つけては様々な教育団体の夏期研修に「異種格闘技!」という気合いで顔を出してきました。
そんな生活をここ5年ほどしています。
そして、今私のよりどころを「今のところ」二つの団体に見つけました。
それが「授業作りネットワーク」と「道徳教育改革集団」です。
ともに「一つの教育信条に縛られない」ところが気に入りました。
さらに、両団体の代表「上條晴夫」先生と「深沢久」先生の元気の良さ、懐の大きさに感銘しました。でも、『故郷』のように「偶像崇拝」ではないのですよ。
で、今、我が家庭の「子育て」こそが教員として、大切な研修だと思っています。
その意味で「休みが気軽に取れない」昨今の夏休みはおかしいですね。
また、同義語的に「教員免許更新制」もおかしいです。
以上、本音でした。

私は、思うのですよ。教員免許更新制度はやった方が良い。ただし、条件付きです。

授業づくりネットワークでもいいし、全生研でもいいし、Tossでも、道徳教育改革集団でも良いと思います。ここに参加した時間を、免許更新制度のときの30時間に含めてもよいという条件です。

もちろん、研修記録の提出もありで構いません。というかこれはすべきですが。

30時間3万円であれば、1時間当たり1000円の講習費用になります。場合によっては民間の教育研究団体の方が高いですよね。

これをカウントしないってのは、おかしいと思います。これをカウントして教員免許更新制度の実施がいいなあ。

どうでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その角度から来るか! | トップページ | も体力勝負 »