« 特別活動論が始まった | トップページ | 【ご報告】 »

2007/09/06

特別活動と特別支援教育

特別活動論二日目。

一時間目は、旅行・宿泊行事の説明である。かつて私が計画を立てて行った野尻湖移動教室を忠心に「計画 → 実行 → 記録 → 評価」の流れで説明していく。中学校に二年生にパラグライダーなどをさせた、あの移動教室である。

野尻湖移動教室はその学校で久しぶりに、スキー教室からグリーンシーズンの移動教室に変更した最初の移動教室であった。なぜ、変更したのか、どのように変更したのかなどの事情も解説する。

            ◆

かつて移動教室は登山や遠泳などの活動が多かった。私が中学生の時もたしか福島県で登山であった。しかし、スキー教室が多くなった。いろいろな理由があると思うが、表側の理由とは別に裏側の事情があることはほぼ間違いない。それは教員の高齢化である。

スキー教室は、インストラクターが面倒を見てくれる。その一方で登山は教員が全員配置に付いて一緒に上る。地上本部で待っているのは管理職ぐらいである。これが大きな違いである。スキーであれば、指導についても事故の対応にしても教員が走り回ることは少なくて住む。変な話スノーモービルで搬送してもらえる。しかし、登山の場合は違う。山で体調が悪くなった生徒がいた場合、その生徒を担いで下山せねばならない。

かつて若い先生が多い頃には、それでも良かった。しかし、若い先生がいなくなったとき、この登山と言う活動をするのは、極めて困難でかつ危険になったのだと考えている。

これを学生に話すと、教員の手抜きでスキーが無くなったと意味を取る者もいたが、これは違う。生徒を安全に活動させるために必要な変革だったのである。

            ◆

この実践の記録は、「移動教室の改革 〜 分宿の試みとインターネット無料掲示板を活用した事前学習 〜 授業づくりネットワーク 2003/10」に詳しく記した。その資料を配布し、流れを説明。そして、ここに書かなかった、実踏、報告書、緊急時事故対策計画などの書類をプロジェクターを使ってみせた。

この資料には、学生たちもかなり驚いていた。そりゃあ、そうだろう。まさか緊急時事故対策計画に「マスコミ対応」なんて項目があって、その対応まで移動教室の事前の計画にあるとは思ってもみないだろう。

彼らは行動班を作って、宿の部屋割りをして、生活のルールを決めてと、まあやっては来ただろうが、実踏がこんなにも詳しく行われているとは思わないだろう。学生の感想を見ても「先生は下見で二回も旅行にいけていいなと思っていた」とあったが、そんなもんであろう。教育を受ける側と、教育を提供する側では全然違うのである。

ま、素直が取り柄のうちの学生たち。「中学校、高校の時の先生たちに生意気を言っていてすみませんでしたと、手紙を書こうと思います」なんて感想文も割と多くあった。教師を目指すなら、それは良いことだと思う。

            ◆

2限と3限は青山新吾先生に、「特別活動と特別支援教育」というテーマで講義していただく。集団を前提にして個に迫る私のスタンスと、個を通じて集団につながる青山先生のスタンスは、それぞれ対象とする子どもが違うことから、当然の違いとなる。しかし、その違いがあるにもかかわらず同じ教育の匂いを学生は、しっかりと嗅ぎ取ってくれたようだ。

自閉症、ADHD、アスペルガー症候群・・・。看護学部の学生は特に詳しくこれらのことを学んで入るが、それが学校教育現場ではどのように現れていて、さらにどのような指導が行われているのかは良くわかっていない。これらについて、理論と実例、さらにはロールプレイングによる事例学習までもしていただいた。

            ◆

4限は、青山先生と私の対談。学生の感想が面白い。「対談なんて形式の授業を受けたことはない。もともと、対談で授業が成立するのか?と思っていたけど、とても面白かった」というものがかなり多くあったのだ。

シンポジュームに参加したことのない学生たちは、対談が授業になるという発想はないのだろう。しかし、面白いに決まっている。自分で言うノモなんだが、学校教育現場で事例を分析して、言葉で記録して語ることを長年続けてきた二人である。打ち合わせ等しなくても、いや、しないほうが良いと判断して対談に突入した。

私が青山先生の授業で学んだことを述べつつ、その学びの中で感じた違和感、または疑問点を提示し、その疑問に青山先生が答えて下さるという、非常に贅沢な時間である。この対談に入る前に私が考えていたこと(ねらい)は、以下のことである。

1) 同じ本を事前に読んで授業を受けることの意味。
2) 同じ授業を受けた自分と池田の見方の違い。
3) 質問をすると言うこと、質問を展開するということの実例の提示。

1)学生たちは、事前に青山先生の『特別支援教育を創る!』(明治図書)を読み、質問内容をまとめて提出する課題を課してある。このことで問題意識を持って授業に臨むことの大切さを実感させようと考えていた。きちんと事前に学習したものが得をするような授業を実感させたいと思っていた。

2)同じことを学んでいても、学ぶ人によって学びの内容や質が変わることを示したかった。その人の持っている基礎知識、関心のある問題領域、見る角度などによって違ってくる何かを感じてほしいと考えていた。

3)1)と2)を踏まえて、では実際にどのように質問が行われるのか。そして、その質問に正対して答えてくださる青山先生の答えを、さらに私が、授業の他の場面で出た話とリンクさせながら展開していこうとする学びの連鎖を見せてあげたいと考えていた。

ねらいは、ほぼ上手く行ったと思う。学生たちは知的に興奮していた。私も青山先生も授業が終わった後は、対談のグルーブ感を心地よく感じていた。そして、私達も学びが深まったと感じていた。ありがたい。

            ◆

夜、山科でクールダウン。そして、お見送り。
明日はお仕事に戻る青山先生である。長居は迷惑である。
また、是非こういう機会を持てればとお願いして、失礼した。
ありがとうございました。

良い時間であった。

« 特別活動論が始まった | トップページ | 【ご報告】 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別活動論が始まった | トップページ | 【ご報告】 »