« 名前の規準 | トップページ | 成功するまで失敗する »

2007/09/27

「逸題」 井伏鱒二

Rimg0688

逸題  
      井伏鱒二


けふは仲秋明月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあはせ
よしの屋で独り酒をのむ

春さん 蛸のぶつ切りをくれえ
それも塩でくれえ
酒はあついのがよい
それから枝豆を一皿

ああ 蛸のぶつ切りは臍みたいだ
われら先ず腰かけに坐りなほし
静かに酒をつぐ
枝豆から湯気が立つ

けふは仲秋明月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあはせ
よしの屋で独り酒をのむ

            ◆

去年も書いたなあ、この詩。
でも、いいんだよな。

こんな詩は書けないが、こんな詩を知っていて味わうことが出来るのは、
幸せだ。

写真は、昨日の月。14番目の月だ。
今宵は少し曇っているから、ちょっと心配だ。

« 名前の規準 | トップページ | 成功するまで失敗する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名前の規準 | トップページ | 成功するまで失敗する »