« 人生は有限なのに、教育は切りがない | トップページ | 教職総合演習の授業が始まる »

2007/10/01

祝合格である。

Rimg0702


祝合格である。

本日、私の大学での教え子が、現役で中学校の国語科の教師として合格した。和歌山県である。本年度の一人目である。嬉しいねえ。
「先生の御陰です」
と言ってくれるが、それは違う。君の努力が実を結んだということだ。努力してもまだ実を結ぶことの出来ていない人がいるが、君の場合はその努力が実を結んだと言うことだ。

ここからがスタートではあるが、実に嬉しい。地元に戻って教師を始める。ご両親もさぞかし喜ぶことだろう。

さらに、メールで合格の知らせも届く。「明日の教室」に良く通ってくる学生からだ。これも嬉しい。成長した姿を見ることが出来ると言うのは、嬉しいものだ。教師の醍醐味である。

10月は発表の季節でもある。
一次合格している人は、二次も通ると良いなあ。

あちらこちらからの、吉報を待つ。

« 人生は有限なのに、教育は切りがない | トップページ | 教職総合演習の授業が始まる »

コメント

いよいよ、スタートですね。
「明日の教室」仲間がふえることはうれしいです。

ありがとうございます。
御陰さまで、本日も一人合格しました。神奈川県の中学校の国語です。明日の教室で鍛えてやってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生は有限なのに、教育は切りがない | トップページ | 教職総合演習の授業が始まる »