« 語りかけた | トップページ | これで少しは注意深く »

2007/10/23

夜中の三時前後に

小学生の頃は、夜の8時に寝て朝7時30分に起きるという生活をしていた。8時になると寝るというよりは、眠たくて仕方がなかったのだ。

だから、剣道の練習に通っていた曜日と「八時だよ全員集合」のある土曜日は必死に起きていた。あとは、8時に寝て7時30分に起きる生活である。目が覚めると言うことはなかった。というより、毎朝起こされていた。

そんな私が、夜中に目が覚めるようになった。夜中の二時や三時に目が覚める。それは、飲んでいて喉が渇いて目が覚めるのだが、加齢によるという面もあるかなあと思っている。

            ◆

しかし、その夜中に目が覚めるのがメリットになるとは思っていなかった。今は夜中の三時前後に娘の授乳となる。

川の字になって寝ている娘のぐずりと同時に、私は私で目が覚める。そして授乳。まさか、こんな風に役に立つとは思わなかった。

年を取ってからの子どもというのも、いいこともあるもんだf(^^;。

« 語りかけた | トップページ | これで少しは注意深く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 語りかけた | トップページ | これで少しは注意深く »