« 明日の授業は大丈夫です | トップページ | 教育助成金申請書をどう書くか »

2007/11/10

2001年度決勝

模擬授業の事前指導。学生たちは、やっと授業をつくると言うことの緒に就いた感じだ。出来合いの授業を持ってきて、それをやってみるのではなく、自分の頭で考えて自分たちで検討して作り上げていくのである。

さあ、あとは時間との勝負だね。

            ◆

日本語コミュニケーション技術1では、ディベート甲子園の決勝ビデオを見た。いくつかのビデオの中から学生のリクエストで、私が指導した子どもたちが出演した2001年度決勝のものを見せた。

学生たちの感想である。

引用開始 ーーーーーーーーーー

中学生のディベートに圧倒された。まず、話すスピードの速さに驚いた。速くしかもしっかりと聞き取りやすく読んでいることがすごいと思った。時間ぴったりにあれだけ読めるようになるには、相当トレーニングを積む必要があると思った。質疑も端的に聞き出したいことをついていた。相手に時間を取られないように、短く切ったりしていた。反駁は、反駁の四拍子をきっちりとやっていた。あのスピードで、相手の主張を聞き取ってターンアラウンドをしていた。聞いて理解する力もすごいと思った。論題の争点を試合中に捉えて、まとめていた。その中で自分達の主張の方が上回っているとジャッジに伝えていた。情報収集・分析・伝達能力などあれだけの試合でも課題があるのだと分かった。試合にあたって、色々な角度からの情報を集めたり、勉強する必要があると感じた。
本格的なディベートを見て、自分がしているのは基礎の基礎ということを改めて感じた。基礎ができるように頑張りたいと思う。

引用終了 ーーーーーーーーーー
引用開始 ーーーーーーーーーー


今日は実際行われたディベート甲子園のビデオを見ました。正直すごい驚きました。始め流された一瞬の映像で私たちのやっているディベートとは違うと感じさせられました。読むスピードがとにかく早かったです。ジャッジに真剣になり、相手の表情や表現を全く見ることが出来ませんでした。メモを取ってる間にも話はどんどん進んで行き、混乱状態でした。発生過程,深刻性といったポイントもしっかりメモ出来なく質疑や反駁の時、どこの場所を言っているか分からなく、線で結ぶことが出来ませんでした。最も印象的だったのが否定側立論です。始めはゆっくり読み、だんだん早くしていくという読み方。大事な所は2回繰り返して読む方法。ジャッジからしたらすごい聞きとりやすかったです。ディベーターはジャッジに分かりやすく伝えなきゃいけないので、来週試合をする時は否定側立論の喋り方を参考に喋っていきたいなあと思います。これから試合するにあたってすごい勉強になりました。

引用終了 ーーーーーーーーーー
引用開始 ーーーーーーーーーー

今日はディベート甲子園(中学生の部)の決勝のビデオを見た。
感じたことが2つある。
1つ目は、スピーチがあまりにも速かったということだ。
そもそも今日は、そのビデオを見ながらジャッジをするというものだったのだが、あまりの早さに驚いた。
今までの僕達のディベートとは、比べ物にならないぐらいのスピードでスピーチしていた。
あんなのどうやってメモをとれって言うんだよ、と思った。
しかし、いずれはあのようなスピードのスピーチでも、メモ出来る様になりたいと思った。
2つ目は、ジャッジ(瀬能さん)の判定がとてもうまかったということだ。
ビデオの中でのジャッジ(瀬能さん)は、肯定側と否定側の両方をまんべんなく良い面や悪い面で指摘していた。
正直、僕は最後の判定までどちらが勝つか分からなかった。
こういうのがジャッジなんだなぁと改めて思った。
僕も少しずつでも瀬能さんに近付けていけたらいいなと思った。
最後に、来週の団体戦は頑張りたいです。

引用終了 ーーーーーーーーーー
引用開始 ーーーーーーーーーー

今日の授業はただただ笑うしかなかった。
まさか、中学生のディベートの全国レベルがあれほどのものとは思ってもみなかった。
今回のビデオを見ると予告された時は「オーッ!!」と大きなリアクションで驚くだろうなとは思っていたが、ここまで驚き、言葉を失い、苦笑するといったことになるとは全く考えていなかった。
あれほどのスピードであの長い立論の文章を読み上げ、質疑の時もズバズバと相手の意見の様々な部分を突いて、反駁の場面でも自分たちのようにあたふたしながら意見を探して発言するのではなく、きちんと発言することを決め、なおかつ発言の重要な部分に強弱をつけたり、ジェスチャーもつけれている姿を見て、ジャッジに言い聞かせるというのはこういうことなのだなと思った。
特に肯定側の第二反駁を行なったディベーターの姿が印象に残った。
今回のビデオは終始驚かされてばかりだった。

引用終了 ーーーーーーーーーー

他にもあるが、すべて「衝撃」を受けていたと言うことが分かる感想文であった。
訓練を重ねた中学生を舐めてはいけない。

私は、試合もそうだが瀬能さんのジャッジを聞かせたかったと言うのもある。(いやあ、瀬能さん若い(^^))。ジャッジというのは何をするのかを見せたかったんですね。

かなりインパクトがあったようだが、良いインパクトになったようだ。来週の試合が楽しみである。

            ◆

上記の試合に至るまで、そしてその後の記録は、
http://homepage.mac.com/ikedaosamu/debate/01kiroku.html
にあります。

長いんでプリントアウトせずに読まれることをお勧めします。
教育は文脈で語るってことを学生たちに話していますが、こういう記録を通してそれを感じさせたいなあと思っています。

« 明日の授業は大丈夫です | トップページ | 教育助成金申請書をどう書くか »

コメント

なつかしいですねえ。
あの決勝戦を見せたら、それはぶっ飛ぶでしょうね。
サンクスワードを入れた上で、例のジェットコースターのように読む立論ですよね。
…とはいえ、実際には試合を見ていなかったのですが。あの試合を戦った中学生も今では大学3年生になってますね。

そうです、あの立論です。
流石イクトスさん、良く覚えていらっしゃいますねえ。

あれからもう6年かと思うと、人生なんてあっという間なんだろうなあと思いますよf(^^;。

関東は、そろそろ秋の大会ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日の授業は大丈夫です | トップページ | 教育助成金申請書をどう書くか »