« 変な夢を見た | トップページ | 午後から動き出す »

2007/11/25

三連休の前半二日

三連休の前半二日は、濃い二日であった。

            ◆

初日は「ALL関西教育フェスタ2007」に参加。去年に引き続きに二回目である。関西の教育者を目指す学生たちが、自分たちで一泊二日の学習会を企画しているのだ。すばらしいことだ。140人ぐらい集まったという。

講師陣が凄い。私が関わった初日の講座には、赤坂真二、今村克彦、西川純の各先生。私はオープニング講座で行ったパネルディスカッションの司会を担当。このパネルディスカッションには、稲田塾登美ケ丘校校長の前田先生も参加された。

単独の講座のない私は、三人の先生方の講座を順番に受ける。すごい。そして、今村先生の生徒指導を中心としたお話と西川先生の学び合いのお話の中に、とんでもないものを見つけて喜ぶ。

それにしても、当たり前だが講師の先生方の「語り」の上手さである。それぞれがそれぞれの語りを持っている。赤坂先生のどっかんテンション、今村先生のブルース、西川先生のエネルギーの噴出。もちろん、これはこの語りの一部を述べているのであり、語りは50分なら50分の講座全体を通して様々な様相で現れるものだ。だから、上記に表したものはその一場面ということも言える。が、兎に角ここだ。

夜は、学生が独自企画をしている間に講師陣で「大人の会」を行う。糸井先生とか平井さんとかもご一緒。そして、その後懇親会で朝の3時過ぎまで延々と教育について話す。さらに、講師の先生と話す。

と、私は非常に良い時間を過ごしたのだが、少し、気になることもあった。
これだけ素晴らしい企画を行っているのだが、学生としての甘えがなかったとは言いきれない。学生でありながらこれだけの企画をしていると言うことは、学生として許されることではなく、社会人として普通のことを求められる。

これについては、帰り際に責任者に話をしたが、彼らもきちんと勉強しなければならないことだろう。折角、良い企画をしているのだから。

10年続けば、日本の教育はここから変わる可能性がある。まるで松下政経塾のように
「君は、ALL関西の何期生?」
ってな感じで。

それを期待している。だから、きちっと総括して次回に引き継いでほしい。

            ◆

二日目。朝ご飯を食べて、阪和高速道路、名神高速道路と乗り継いで自宅に一度戻る。高速道路は、京都の紅葉を見に来た車で京都南は大渋滞、京都東は出口で京都市内方面が渋滞。凄いことになっていた。京都はこの時期車で来ても何の良いことはないのに。

ALL関西教育フェスタ2007は、まだ二日目もあるのだが、もうひとつ参加したい講座があったので失礼して帰った。「とっておきの授業&学級づくりセミナー」http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2007/08/post_f0f3.htmlである。娘に会って抱っこしてから、会場の京都教育大学付属小学校に向かう。

土作先生の授業が終わりかかっているところに到着。相変わらずの土作節。いいなあ。その後、深沢先生の授業を見て、いよいよ野口芳宏先生である。

            ◆

授業開始と同時に、子どもたちの背中がシュッと伸びるのが分かる。(付属小学校の6年生が授業を受けにきていた)そこから濃密な学びの時間が展開されていた。

非常に失礼な言い方になるかもしれないが、古典芸能を見ているかのような格調と奥深さを感じた。多くのことを学ぶ。

いやあ、眠い目をこすって来て良かった。

さらに、授業の振り返り、総括の講演と先生のお話は続く。記録のメモ、思考のメモを取りながら、知的興奮を楽しむ。楽しむなんて書いたら失礼かもしれないが、でもそうだった。

            ◆

その後の懇親会では、野口先生の横に座らせて頂く。そして、日本教育新聞の書評欄に『教師になるということ』が掲載された時に、同じ紙面に野口先生の書評が違う本に書かれていたことを申し上げ、小書を受け取って頂く。先生は、書評を読まれていたそうで嬉しく思う。

その後、野口先生に授業中に出た疑問に答えて頂いたり、先生の今後のお仕事のことを伺ったりしながら濃密な時間を過ごす。

さらに、凄いことに
「池田先生、一緒に仕事をしましょう」
と、あることについて言われてしまった。感激である。

そして、なんと「明日の教室」に来て頂けることに成りました。万歳!!!。

            ◆

終電で帰って来て、娘にこの二日間を報告して、爆睡であった。

« 変な夢を見た | トップページ | 午後から動き出す »

コメント

それはすごい!
楽しみです。
知人の結婚式で関西にはいけませんでしたが、
様子を知ることができました。ありがとうございます。

すごいなぁ。
2日間で、わたしの尊敬する先生方と出会い、出会うだけでなく「語りあう」池田さん。
うーん、すごいです。
わたしは、こんなすごい「池田さん」とお知り合いだなんて……。
自分自身、びっくりです。


ながたくさん

関西の学生たちは、熱いです。ここから教育の新しい何かが生まれるでしょう。とても楽しみです。

あべたかさん

本当にこの二日間は凄かったです。学問の秋でした。なんか私が私でないような気がしました。野口先生とあんな風にお話ができるとは未だに信じられませんf(^^;。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変な夢を見た | トップページ | 午後から動き出す »