« テキストの中に求めていく | トップページ | 秋の終わりに桜 »

2007/11/04

明日も晴れそうだ

午前中は原稿を書いていた。『こんな時どう言い返す』(学事出版)に関連した原稿だ。

この本はひょんなことからできた。今から5年も前になるだろうか。「授業作りネットワーク」の会員版に1pのスペースが出来たから、何か書いてくれないかという依頼があった。何か生徒指導系のものが良いという話だった。なんとなく奥さんに話したところ、あれが良いと言われた。

「あなたは、生徒の屁理屈にもすぐにその場で言い返せるけど、それができなくて困っている先生多いと思うわ」
『そうか。できるだろ』
「できないの。それを書いてみたら?」

と言われて、半年間の約束で書き始めたのであった。ところが、好評で4年半も続いたのだ。
会員版なので、原稿料はない。ではあったが、この原稿を書けたことは私にとって大きな意味があった。

それは自分の生活指導を見直すきっかけになったことである。全生研のサークルで学んだり、現場で鍛えられたりしながら生活指導は身につけていったが、それを自分の言葉で書きながらまとめるという作業を通して、言語化することで自分の指導のスタイルを確認することが出来たということである。

「書くは、考えること」

まさにその通りである。大学の授業でも、教師を目指す彼らには機会があることに書かせている。毎週の授業の感想やいくつかの課題。国語科教育法2では教科通信も書かせている。10年後ぐらいにその意味が分かると良いなあと思う。

            ◆

午後からは、奥さんと娘と三人で近くの公園に出掛ける。
うちの娘は、外に連れて行くと良く寝る。
スリングの中に入れてよいしょと抱え、3分も歩けば寝ている。

うーん、せっかく奇麗な花を見せようと思ったのだが、おねんねしているのを起こすわけにもいかない。奥さんと二人で久しぶりのガーデンの花を愛でる。

Photo


琵琶湖を吹き抜ける風も心地よい。
今日は、全日本学生ヨット選手権が行われているようで、多くのヨットが湖面にいる。
うちの大学にもヨット部があれば良いのになあと思う。

家の玄関を開けたら、娘はぱっちりとその大きな目を開けた。
確かに授乳の時間でもありますがねえ。
そのタイミングの凄さに思わず笑ってしまった。

明日も晴れそうだ。


« テキストの中に求めていく | トップページ | 秋の終わりに桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31