« 再び京都駅に出向く | トップページ | メモ.読書.子ども文化 »

2007/11/01

5時間近く会議

研究入門ゼミでは、大学祭の総括を行った。私のクラスでは、各自がA4一枚に文章をまとめ、それを書き込み回覧作文をして、行った。

引用開始 ーーーーーーーーーー

各自、学べたことをこのように総括し、配布することによってそれをみんなで情報交換しあう。このようなことは初めてしたのですが、とてもいいもので何で今までなかったのだろうと不思議に思ったくらいでした。

引用終了 ーーーーーーーーーー

大学生にも好評である。書き込み回覧作文はやり方が簡単なので、学校教育現場でもすぐに取り入れることが出来ると思う。これをやると、クラスがしっとりするんだよなあ。

            ◆

授業後、午後からは会議を二つ。
研究入門ゼミの今後の指導内容について、担当の先生たちと意見交換。教材研究と指導方法、今後の展開についてあれこれと話し合う。これが面白い。小さな研究会のようになる。

児童教育学科後期の、研究入門ゼミの方向性が決まった。

その後は学科の会議。ここではさらに色々なことを話して方向性を決める。気がついたら5時間近く会議をしていたことになる。いやあ、充実。

            ◆

会議終了後5分後には、研究室を出る。
さあ、娘の風呂だ。ミルクだ。

« 再び京都駅に出向く | トップページ | メモ.読書.子ども文化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び京都駅に出向く | トップページ | メモ.読書.子ども文化 »