« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007/03/10

「有であるA」と関係のない「有であるB」との中に

芸術家というのは、何もないところに優れたものを作品として提出するというイメージがあるが、それはやっぱり違うなあと今日のワニバレエコンサートを見てしみじみ思った。

いくつもの有を体に溜め込み、その有と有の間にある無、または無関係をつなぎ合わせるものや方法を生み出す、その部分が常人には考えつかないものや方法であるが故に、芸術家とか天才とか言われるのだろうと思った。

出演者は基本的に全員キーボードが使える。歌手であろうとパーカッショニストであろうと関係ない。だから、一見関係のないハチャメチャなことをしているのにもかかわらず、つながれるのである。

            ◆

「職人にもなれないやつが、芸術家になれるか」
と言ったのはピカソだったか。まず基礎的な技術がなければならない。そして、その先だか、上だか、はたまた別次元だかに芸術が生まれる。

今日のコンサートを作る様子を見ていても、圧倒的な音楽のスキル、センスを芸術家は持っている。その圧倒的なものをベースにして、子どもたちの事実を並べ、つなげて行く。関係のないものではあるが、見る人が見ればそこに繋がりがあるのである。

この見る人に、教師はなる必要があると感じている。

            ◆

子どもたちは、目の前でさまざまなことをするが、これは三つのことを示している。

1)教師の目に見えること。
2)教師の目に見えているはずなのだが、見えていないこと。
3)教師の目に見えないはずなのだが、教師に見えていること。

一般的には、経験の少ない教師ほど、子どもからは1)しか感じることができない。または2)であることも多い。だが、教師は3)に成長する必要がある。3)はまた、表出している子どもの姿から、表現に導き出す指導にも繋がって行くと思われる。

            ◆

では、どうやってこの「有であるA」と関係のない「有であるB」との中に関係性を見つけて、それを教育の文脈の中に位置づける力を身につけたら良いのであろうか。

(これについてのレッスンは、どうするのだろうか?)

と考えながらコンサートの後半戦は見ていた。
すんません、そういうことを考えはじめると止まらないのですf(^^;。

で、分かりました。
うーん、来年度、授業でやるぞ。

            ◆

エキサイティングなコンサートでした。

2007/03/09

「カレー作りませんか?」

午前は入試の採点。思ったよりも早く終わったので、いろいろと調整をして糸井先生の小学校に出かけることにした。http://susumu.exblog.jp/5165617/に案内があるものだ。

明日が本番ということ。ならば、今日はゲネプロかと思いきや、まだ作り出している段階であった。これが凄かった。

小学校4年生の二クラスが、ワニバレエコンサートを作り上げるのだが、今日見たのは5、6時間目の練習。以下、箇条書きで。

1)子どもたちをあたためるのに、30分もかけていた。
2)子どもたちが暖まると、その上を行く切り返しで進んで行く。
3)「静かに!」を言わない。
4)いくつもの小集団が一見無関係に動いているのを捌く。
5)授業後の音楽。

            ◆

特にすごいとおもったのが、4)と5)だ。

4)はどういうことかというと、二クラスが一つの授業を受けているのだが、子どもたちはさまざまなことをしている。段ボールハウスの中に入るもの、机の下に隠れるもの、机の上に乗るもの。もちろん、音楽に合わせて歌ったり、踊ったりもする子どももいる。

これらの子どもたちは、一見バラバラに見えながら、実はギリギリのところでリンクしている。そのリンクは、子どもが大人を信頼していることで成り立つ、リンクだ。それが証拠に関係ないことをしているように見えて、リズムはきちんと追いかけている。なんか、猫が耳だけをご主人の方向に向けて反応しているようにも見える。

ここで「静かにして」とか「こら、関係ないことをして」と言ってしまうと、この流れで作って来た音楽劇は崩壊してしまう。それを目に入れながら、一つの流れを作り出して行く展開であった。

これは非常に難しい導き方だと思う。それをギリギリのところでやっていた。

5)がどういうことかというと、6時間目の授業が終わった時に、バラバラと子どもたちが教室に帰って行くのだが、前にある楽団が使っていた楽器をどんどんいじり回すのだ。これが本当に凄くいじり回すのだ。音楽の先生が見たら
「やめてーーーーーーー!!×15」
と言うぐらいいじり回すのだ。

それはいかん、と大人は思うが、もし自分が子どもだったらやってみたいことをする。はっきり言って羨ましいf(^^;。そして、楽団のメンバーは、その子どもたちの音を広いながら即興で楽曲に仕上げて行く。教室の後ろにいた子どもたちが、この時間は真っ先に楽器に飛びつき、楽しそうに戯れていた。この参加ぐあいが良い。

突然のお客さんということで子どもとの距離を比較的遠目に取っていたわたしも、この時間はもう体を楽にして、その楽曲に体を乗せてふらふらして遊んだ。こういうのが良いんだよな。

なんというかパレードが去って行く時の切なさが、授業の後の15分に残るような感じであった。

            ◆

その後、楽団は体育館で明日のリハーサルをする。しばらく見ていたのだが、糸井先生が
「カレー作りませんか?」
というよく分けのわからないお誘いをして下さる.楽団の夕食を作るというのだ。そうこちゃくっちゃ(^^)。私は野菜カレーを担当する。そうであるなら、マイ包丁持って行ったのに(^^)。

皆さんに食べて頂き、私はこれで失礼した。
明日のコンサートが楽しみである。

2007/03/08

事実の記録から

食事をブログに公開して、ダイエットするというダイエット日記があるじゃないですか。なんか最近の私は耳鳴り日記に鳴って、ちがう、なっていますね。

ためしてガッテンのHPを見たら日本人の4人に1人は耳鳴りを持っているとか。それなら、私が書いていれば誰かの役に立つかなと思いますね。ご同病の方、頑張りましょうね。

            ◆

で、これでも研究者の端くれですから、現象の記録をエクセルにすることにしました。耳鳴りには高音、中音、低音と三種類があるのですが、私は低音はありません。低音の方が治りやすく高音の方が治りにくいとか。うーむ。

で、高音が響くとこれは結構辛い。冷蔵庫が頑張って活躍する音に混じって蝉が一斉に鳴き出し、時には秋の虫の音も混じると言う様相を呈します。

ところが、これらの音が単独で聞こえたり、それぞれが小さーくなるときもあるのです。どういう状況の時にこれらの症状になるのかを記録しておき、対応を考えてみようと思います。事実の記録から対策を考える。

うーむ、目的ができると耳鳴りも意味を持つぞ。
を、なんで今は音が変わったんだ。私の何が変わったんだ?と考えるのは、面白いかもしれません。うーん、学者っぽいf(^^;。

脳天気に産み、育ててくれた親に感謝。そして、育ってしまった私にも感謝です。もちろん、支えてくれている奥さんや、みなさんにもです。

            ◆

本日は本学の最終入試日でしたが、静養させてもらっていました。ありがたいです。で、夕方に鳴って(だから、なってだって。もうそちらで学習しているのね、ことえり)大学に出向き、3/14に行う大学のFD学習会についての打ち合わせをしました。

なんと授業方法の基礎基本について、本学の先生にお話をしなければならないのです。60分の持ち時間で、30分がお話、30分がワークショップです。これは大変なことです。

ですが、教育方法を教えているのですから、逃げるわけにも行きません。何かおかしなことがあったら、FD担当のT川さんの責任ですf(^^;。T川さんよろしくね。

            ◆

さて、今日もきちんと寝ましょう。

2007/03/07

Isn't She Lovely

あれ? 耳鳴りが弱くなった?
流石に一ヶ月ぐらい鳴り続けているので、あの音に慣れてしまって来ているのか音がある程度あってもそんなもんだと思うように体が慣れて来ているのかもしれない。

いや待てよ。
でも、明らかに高音の響きが違うよな。

今日の耳の検査では、明らかに出ないかもしれないが、不快感は減じられているぞ。
昨日の整体で効果が出たか?

            ◆

しかし、活動を始めるともとに戻ってしまうなあ。
一週間続けた点滴でも、耳鳴りは取れない。
がっくし。

しかし、さらに待てよ。
ということは、まだ症状が悪いままで固定されていないということだ。可塑性があるということは、治る可能性もあるということだ。

うしゃあ、落込んでいる場合ではない。

            ◆

仕事の調整をあちこちにお願いして、さらに新しい病院に行く。セカンドオピニオンを貰うためだ。1時間30分かかってたどり着いたら、
「2時間は、お待ち頂きます」
とさらりと笑顔で言われてしまった。
はい、この花粉症の時期はそうでしょうね。人気のある耳鼻科はそうでしょうね。待ちます。これは読書量は増えますねえ。

            ◆

セカンドオピニオンで、勇気もらう。まったく気弱い私であることよ。
「まだ治療は始まったばかりだからね。初期の治療はオーソドックスにきちんとやっているし、効果もでているわけだからね。半年ぐらいまずはその薬を飲みながら様子を見るのがいいと思うよ」
うーし。

あと一カ所、病院に行って最終的な方針を決めよう。

            ◆

病院から帰る車の中で、ipodをかけた。
参った。突然、S.ワンダーの「Isn't She Lovely」が流れた。

目の見えない彼が、愛娘のことを歌った歌だ。
見えない彼が、娘は可愛いだろうと自慢する。
(チクショウ、いま多少聞こえなくたってなんだい。がんばるぞ。これからだい)

さあ、ゆったりと寝よう。

3/26 授業づくりネットワーク2007春

春休みの講座です。
今回は久しぶりに国語の教師に戻りますf(^^;。
ネットワークでは、ディベートか生徒指導の講座が続いていましたからね。
行事の後に担任が生徒に書かせる作文の指導方法について行います。

もちろん、私のではない講座にご参加頂いても結構です。
私も出たい講座がありますし。

会場の成蹊大学は、井の頭講演のある吉祥寺にあります。
満開の桜の頃でしょう。

お待ちしております。

            ◆

授業づくりネットワーク2007春

 「授業成立の基礎技術」
 〜学ぶ「からだ」を育てるワークショップ20〜

  主催 NPO法人「授業づくりネットワーク」
  後援 東京都教育委員会(予定)
     武蔵野市教育委員会(予定)

 「安定した草原」から「不安定な湿地」へ、現在の教育現場は大
きな変化の途上にあります。その変化の中で、子どもたちの私語・
立ち歩きなどが発生し、授業が成立しにくい状況が増えてきていま
す。
 この現状を乗り越えるための提言として、上條晴夫(教育研究団
体「授業づくりネットワーク」理事長)は、次の二つの方向性があ
ることを指摘しています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃A:統率・規律を重視して学力をつけていく。    ┃
┃B:発見・表現を重視して学びを紡いでいく。 ┃
┃(「いまこそ表現の授業に注目を!〜岩下修氏に聞く〜」 ┃
┃ 『授業づくりネットワーク』2007年1月号) ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 このうち「発見・表現」を重視した授業を学ぶ機会を作りたいと
考えました。「学びからの逃走」「腰の引けた状態」にある子ども
たちに対して、なによりも、学ぶ「からだ」を育てること、そのた
めの表現教育が必要です。いま、授業を成立させる大きな鍵を「発
見・表現」の授業がにぎっていると考えました。
 以上の認識をもとに、表現の授業を中心にして「授業成立の基礎
技術」を考える講座を集めてみました。20講座の中から、お好きな
ワークショップを体験していただきます。ぜひ、ふるってご参加く
ださい。

■日時 3月26日(月) 10時〜16時30分(受付は9時30分から)

■会場  成蹊大学8号館
 http://www.seikei.ac.jp/university/
 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
 〈アクセス〉
  JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線
  吉祥寺駅下車
  ・吉祥寺駅北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分
   成蹊学園前下車
  ・吉祥寺駅より徒歩約15分

■日程
9:30〜10:00 受付

10:00〜10:20 講演「いまこそ表現の授業に注目を!」
 講師:上條晴夫(東北福祉大学)

10:30〜12:30 「授業成立の基礎技術」ワークショップ1
A:フリートークで語り合う関係をつくる
 講師:桂聖(筑波大学附属小学校)
B:体験作文の指導法入門
  〜担任として、遠足などの行事後にどう書かせるか〜
 講師:池田修(京都橘大学)
C:子どもの発見と表現を引き出す読書へのアニマシオン
 講師:黒木秀子(アニマドール)
D:授業改善のためのハンズオン・マス
 講師:坪田耕三(筑波大学附属小学校)
E:安心して表現できるプロジェクト・アドベンチャー
 講師:高久啓吾(神奈川・寒川町立一之宮小学校)
F:みんなで楽しむ劇あそび・表現あそび
 講師:林久博(成蹊小学校)
G:教師のための勇気づけワークショップ
  〜子どもとのよりよい関係の構築のために〜
 講師:赤坂真二(新潟・新潟市立曽野木小学校)

12:30〜13:30 昼食

13:30〜16:30 「授業成立の基礎技術」ワークショップ2
H:朗読・群読で子どもたちと教室を活性化
 講師:高橋俊三(前群馬大学、NPO日本朗読文化協会顧問)
I:音楽を「からだ」いっぱいに感じさせる授業
 講師:高倉弘光(筑波大学附属小学校)
J:子どもの表現を促すフェルトワーク
 講師:清水千絵(フェルト作家)
K:コミュニティ・ダンスに学ぶ身体表現
 講師:南村千里
    (コミュニティ・ダンス講師、振付家、ダンサー)
L:インプロゲームに学ぶ身体表現
 講師:絹川友梨
    (インプロワークス代表、俳優、インプロバイザー)

13:30〜14:50 「授業成立の基礎技術」ワークショップ3
15:10〜16:30 「授業成立の基礎技術」ワークショップ4
M・Q:聞く力を育てる国語科ワークショップ型授業
 講師:鈴木啓司(千葉・浦安市立見明川小学校)
N・R:子どもたちが喜び力がつく算数指導
 講師:竹松克昌(神奈川・茅ヶ崎市立緑が浜小学校)
O・S:子どもたちをやる気にさせる
     理科ミニネタベストコレクション
 講師:土作彰(奈良・広陵町立広陵西小学校)
P・T:楽しく思考力が身につく
     小学校社会科ワークショップ型授業
 講師:阿部隆幸(福島・大玉村立大山小学校)

17:00〜19:00 懇親会(希望者のみ)

【参加費】
 一般   3000円
 会員   2500円
 一般学生 2000円
 会員学生 1500円

【懇親会費】
 3500円(希望者のみ)

●申し込み方法
 下記についてHP、Eメール、郵便、FAXでご連絡ください。
  (1)氏名
  (2)一般・会員・一般学生・会員学生の別
  (3)〒・住所
  (4)電話・FAX番号
  (5)Eメールアドレス
  (6)勤務先名
  (7)希望するワークショップ
    10:30〜12:30 1(A〜Gを選択):(  )
    13:30〜16:30 2(H〜Lを選択):(  )
    または
    13:30〜14:50 3(M〜Pを選択):(  )
    15:10〜16:30 4(Q〜Tを選択):(  )
  (8)懇親会参加の有無
 *参加費、懇親会費は当日払いです。
 *当日受付も行いますが、希望する講座に参加できない場合もあ
  ります。(各講座の定員30名前後)
 *各講座の詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://www.jugyo.jp/nw2007haru/
 *申し込み後、連絡が全くない場合はトラブルが予想されます。
  恐れ入りますが、再度ご連絡ください。

●申し込み先
 (HPの場合)
  http://www.jugyo.jp/nw2007haru/
 (Eメールの場合)
  nw2007haru@jugyo.jp
 (郵便・FAXの場合)
  〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-12
         授業づくりネットワーク事務局
  TEL&FAX 03-3269-3715

2007/03/06

『鴨川ホルモー』

ふう、あと一日で一週間の再点滴も終わる。
今日はその後、整体の先生のところに行って体の調子も整えてもらった。血流を整えれば少し良くなるのではないかと思ってである。体は軽くなったが、耳はねえ。明日も検査の結果は良くないんだろうなあ。

            ◆

再点滴は血管を広げる点滴で、実は痛い。腕を締め付けられるような、内側から広げられるような痛さが2時間ある。
痛いのと怖いのと詰まらないのが私は苦手である。もちろん、下らない、下品も苦手だが、ちょっと下品は嫌いではないf(^^;。

まあいい、だから、早起きして点滴中は寝ているようにしているのだが、今日は普通に起きたので寝られなかった。

そこで『鴨川ホルモー』(万城目学 産業編集センター)を読みながら点滴の時間を過ごした。京都の大学生たちが主人公で、出てくる土地の名前も馴染みになったものが多い。三国志や安倍晴明などの陰陽道の世界を使って描かれているのだが、これが面白く読むことができる。鬼や式神を使って大学生が戦争ごっこをするのだが、きちんと青春小説になっている。

さらに、その時々に出てくるギャグが、私の世代のネタであることが多く、うっかり笑ってしまう。そしたら、
「大丈夫ですか?」
と看護婦さん(やっぱり看護婦さんのほうがいいなあ)が、声をかけて来て
「なんだ、本で笑っていたんですか?」
と言われてしまった。

すんません、変な心配をさせて。

            ◆

合唱コンクールで子どもたちによく話した言葉は、

『努力すれば勝てると思っていたか? 努力したって負ける時は負ける。努力すれば必ず勝てるではない。努力すれば勝てることもあるだ。ただし、勝った奴は必ず努力しているんだな。だから努力するんだ』

ということである。
まさに、今の自分に言い聞かせている言葉である。治った人は必ず努力をしているはずである。

『鴨川ホルモー』を読み終えた今、ちょっと清々しい思いになっている。
京都にいる学生諸君、読んでみると良いかもよ。

さあ、私も、ふぁいと、おー!である。

2007/03/05

『パパとムスメの7日間』

『パパとムスメの7日間』(五十嵐貴久 朝日新聞社)を読み終えた。久しぶりに楽しみの読書である。後半は、まあ、予想通りであった。五十嵐さんの『1985年の奇跡』に見られたどんでん返しは、さほどでもなかった。でも、それがまあそれで良かったりもする。安心して読めた感じだ。

私と同じ世代の父親で高校生の娘がいる人が読んだら、泣いちゃうかもしれない。今の高校生も今の高校生なりに、いや私たちの世代よりも大変なんだろうなあと改めて思うことも多かった。

もし、神がいて、
「青春時代に戻りたいか?」と問われれば、
私は
「もう十分です、勘弁してください」
と答えるはずだ。まあ、青春は恥ずかしく面倒くさいからねえ。
だけど、こんな風に七日間ならいいかもなあと思った。

そうか、今度一週間だけ自主的に高校生に戻るなんてプランを立てて、高校時代にやっていたような生活してみるってのもおもしろいかもしれない。今の高校生をやってもいいし、あのときの高校生でもいいなあ。

2007/03/04

思考のための文房具

遅ればせながら、インターネットをAirMacに変えた。ベースステーションは新型ではなく旧型。有線の接続もできた方が良いし、まだインテルMacではないのでこちらにした。

まあ、便利だ。
折角のノート型のMacなのだから欲しいなあとは思っていたのだが、なんとなく使ってなかった。年度末のMac調整を受けて、PCにはカードを入れてベースステーションも設置して目出たく開通であった。早さも十分。

それにしても、Macの設定って本当に簡単だな。インターネットは使いはじめればほとんど考える必要もないが、設定だけは面倒くさいというのが私の感覚であった。しかし、設定アシスタントが、本当にアシスタントをしてくれるのでパスワードを決めるぐらいしかやることはない。

この快適さを手に入れてしまったら、もう戻れないなあ。ますます「思考のための文房具」になっていく私のMacであった。ちょっと遅いスタートだけどf(^^;。

春は曙

P3020058_2


矢橋帰帆島(ヤバセキハントウ)染める曙の光です。
画像をクリックすると、大きくなるはずです。
ご鑑賞ください。

このまま春か

一進一退とはこのことである。

朝は割といいのだが、時間が経つと音が高音域で鳴るようになる。点滴を打ち、薬を飲む。他にもインターネットで手に入れた情報や何やらをあわせてやっている。心なしか聞こえる音域は増えてきていると思うのだが、いかんせん耳鳴りがね。

さあ、新学期までには何とかするぞ。

            ◆

病院での点滴、今のものは筋肉の痛みを副作用に持つため、時間をかけて行う。だいたい二時間ぐらいだ。事前にトイレに行って、椅子かベッドに体を預ける。いまの病院のベッドは狭いので椅子があれば椅子にする。

今日は日曜日だったため、空いている。椅子に腰掛けて本を取り出す。

こう見えても私は計画性がある。二時間も点滴でホゲーッとするのはつらいので、朝は早起きをしている。こうすることで点滴の最中に寝ることができる。さらに、本も用意している。

昨日読んでいたのは、小浜逸郎さんの『人はなぜ死ななければならないのか』である。小浜さんの「なぜ〜?」シリーズの三冊目で、いつも通りにかって読んでいたのだが、どうも視線が痛い。さすがに病院で、しかも点滴を受けながらこの本を読むのはかなりブラックである。やっぱり計画生はないか。半分ぐらいまで読んだのだが、今日は続きを読むのはやめた。

今日の本は久しぶりに楽しみの読書。『パパとムスメの7日間』(五十嵐貴久 朝日新聞社)。前半まで読み終わる。前半は『転校生』と同じような展開。後半もこのままであったら許さないが、まさか『1985年の奇跡』『ロケットボーイズ』の五十嵐さんが、このまま終わるはずはないだろうと思いながら、読み進めた。さて、どうなるかな。

            ◆

大学に立ち寄って、薬を飲む。研究室にいくつか置いてあったので、昼ご飯の後の薬を飲みに立ち寄る。

大学は人もいない。その中で春が確実にやって来ているのを感じる。早いなあ、今年の春は。

            ◆

家に帰ったら第62回びわ湖毎日マラソンのゴールの時間が近いことが分かる。慌てて奥さんと一緒に、見物に出かける。Biwakoma


いやあ、暑い。半袖のTシャツで良いだろう。この条件でマラソンはきついなあと思っていたら、結構途中リタイヤをしている選手が出たそうだ。分かるよ。見ているのは良いけど、これを走るのはねえ。

            ◆

表彰式まで見た後、近くの公演まで散歩。
いつも161号バイパスに行く途中に見る満開の梅が気になっていたので、近くで見ようと皇子山をダラダラと登って行く。

近くで見てみたら、なんと、桜であった。なんとも信じられない光景。Sakura

梅も満開であったが、馬酔木も満開。おい、馬酔木って五月の花じゃなかったか?

これはやっぱりおかしい。おかしいが、きれいなので鑑賞する。うーむ。

            ◆

夕食を食べに大津の方に出かけて行った。が、もうほとんど「春宵一刻値千金」の言葉通りで、夜桜見物のころよりも暖かであった。満月が出ていた。

もう、このまま春なのだろうか。

メインテナンス完了

年度末ということで、メインPCのメインテナンスをしていたのだが、昨日やっと完了。塩沢さんのブログにあったものを参考にして、さらにいまアメリカにいるご本人までメールを出して確認して返事を頂いて、完了した。ありがたいことだ。

御陰さまでHDを増設し、ほぼ同じ環境で動いている。いくつかのソフトが動かないのは痛いなあ。今まであったソフトを削除し、新しくソフトをインストールしようとするも「操作をすることができません。なにもインストールできません」のようなアラートが出る。

慌ててそのソフトの名前で検索し、関係ありそうなファイルをすべて捨てて再起動してやるのだが、何回やっても同じ結果。ふーむ。まあ、本業務に使うソフトではないので、しばらく様子を見ることにしよう。

            ◆

本日は、第62回びわ湖毎日マラソンがある。皇子が丘陸上競技場をスタートするのだが、これが私のいまの家のすぐ近くである。

耳と鼻の調子が良かったら、ゴールの瞬間でも競技場まで見に行こうかな。みなさんもお時間があれば、テレビでご覧下さい。私の生活圏の一部があらわになりますf(^^;。

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »