« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007/07/06

さ、明日の教室が、明日です

さ、明日の教室が、明日になりました。
いろいろと忙しい学期末ではありますが、そこんところをなんとかしてお越し下さい。佐藤先生からは、以下のシラバスが届いております。

引用開始 ーーーーーーーーーー

・私の授業づくり 〜模擬授業〜
・教材開発・仕事術
・発問演習
・ICT活用&ミニ演習

引用終了 ーーーーーーーーーー

まだ、申し込みは間に合います。
会場にも少し余裕があります。どうぞ、お越し下さい。


http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2007/06/post_7748.html

命の縁を重ねて過ぎていく

誕生日と言うことで、みなさんから、お祝いのメッセージを戴いている。ありがたいことだ。「誕生日は本来は母親にありがとうを言う日である」のを読んだことがある。この世に自分を生み出してくれた母親に感謝する日だというのだ。「生きる」ということをプレゼントしてくれたわけだ。それはそうかもしれないなあと思う。

誕生日は、雨のイメージが強い。梅雨の中にあって雨。そして、一学期の期末考査のど真ん中という記憶も。今日の琵琶湖は、晴と薄曇り。爽やかな風が吹いている。

            ◆

急な知らせで両親が山形の実家に戻ることになった。
朝、その電話があり、帰郷のための飛行機や宿の予約を私がしてあげることに。

ネットを使って飛行機と空港までのバスの使い方、さらには互助会関係のホテルを押さえる。いやあ、便利だ。多少の親孝行はできたかなと。

            ◆

夕方、大学で会議をしているところに電話。
山形の伯父が亡くなった。
会議を途中で失礼して研究室に戻る。山形行きの方法をネットで捜す。改めて思ったのだが、西大津からは日本海を一気に駆け上れば山形は酒田に着くのであった。

私が小学校の3年生ぐらいの夏、ずっと一人で山形の伯父のところにいさせてもらったことがある。蝉だらけの山、蛙だらけの田圃。毎日部屋の中に飛び込んできたオニヤンマ。都会から来た子どもというだけで珍しがられた夏の小学校のプール。そんな思い出をプレゼントしてくれた伯父である。

            ◆

雷鳥と寝台特急を乗り継げば、翌朝6時には酒田にいることが分かった。自宅に戻る。そこに、親から電話。お通夜は7/7で、告別式は7/8だという。7/6が友引なので、こうなるという。ああ、7/7に用事のある私は行くことはできない。

家で静かに、献杯をして偲ぶことにする。

            ◆

今日は、自分の誕生日である。
が、当たり前であるがそれは誰かの命日にでもある。
実際7/5は、奥さんのおじいさんの命日でもある。

365分の1の偶然に、命の縁を重ねて過ぎていく誕生日であった。

2007/07/04

この三曲とも知っている人は

研究入門ゼミでは、合同で現場で活躍されている保育士お二方のお話を聞く。一人は女性、一人は男性。

どちらもインパクトが合ったなあ。学生たちもインパクトが合ったと思うのだが、私にとってもインパクトが。なんというか、文化が違うのである。上手く言えないし、誤解のある言い方かもしれないが、保育と言う仕事は子どもの社会化を前提としていないように感じた。

子どもの成長をそのまま促すという感じだ。保育と学校教育。違うなあ。でも、この二つをきちんと使い分ける、またはアウフヘーベンできるような先生になれたら、それは強いだろうなあと思う。

            ◆

午後から京都は大雨。
一面に空が曇ったかと思ったら、ダーッと降ってきた。
その中を歯医者に向かう。

運転をしながらipod suffleをかけたところ、キースジャレットの「ケルンコンサート」が流れてきた。
参ったなあ、こういうタイミングでこの曲か。
呼吸のリズムがゆったりしていくのが分かる。

音楽は空間を一瞬にして構成し直してしまう力を持っている。
車から見える景色が、同じ景色なのに違うものに見えてしまうものなあ。

友人から初めてウォークマンを借りて電車の中で使った時のことをはっきりと覚えている。一瞬にして自分が映画に出演している俳優になったかと思ったもんな。

歯医者で待っていると、突然外が明るくなった。
でも、大雨。
こういう景色もいいなあ。久しぶりだなあ。高中正義の「ブルーラグーン」が頭の中を流れてきた。

            ◆

とても丁寧で親身になってくれる歯医者さんの御陰で、もう少しで本工事前の準備が終わる。ありがたいことだ。帰りの車では、プリズムの「ラブミー」が流れてきた。うーん、いいねえ。

しかし、この三曲とも知っている人はどれだけいるのだろうかf(^^;。
いずれもいずれも名曲である。

2007/07/03

スピーチの指導方法を指導

授業の準備は、してもしても切りがない。
10の準備をして2〜3授業で使えれば御の字だからなあ。
でも、2〜3の準備では授業にならない。
それが授業だ。

            ◆

今日の国語科教育法1では、スピーチの指導方法を指導する。活舌調音、群読、ショウ&テル、ことわざスピーチバトルなどを扱う。ま、時間の関係ですべてをまんべんなく行うことはできなかったが、「スピーチを指導する」ということの哲学に関してはある程度できたのではないかと思う。

私が行っている授業は、教育学者を育てる授業ではない。教育者を育てる授業だと考えている。もちろん、教育学者が育っても良いのだが、それはオマケ。教育者を育てたい。

そして、私は学校教育現場上がりだ。だから、教育の技術、指導方法から入る。そして、その技術や指導方法を支えている教育の哲学にたどり着く授業をしたいと考えて行っている。技術には技術を支える哲学がある。なぜ、この技術を使うのか、なぜ、この技術でなければならないのかである。

さて、今日の授業はどうだったかな。伝わったかな。

            ◆

今日の6限は京都市教育委員会から指導の主事の先生が来学されて、京都教師塾の説明をしてくださった。教員養成は大学だけではなく、行政も懸命だ。

いろいろと厳しい学校教育現場を取り巻く環境の中で先生になろうとしている、学生たちを厳しく指導し、あたたかくこっそりと支援するシステムを作りたいとも思う。

で、説明してくださる先生の1人、どこかでお会いしたことがあるなあと思っていたら、分かった。私がNHKの番組に出た時にお世話になったディレクターさんがいる。そのディレクターさんが作った、同じ番組の他の回に出演されていた先生だ。いやあ、奇遇。こんなところでお会いするとは。

            ◆

説明を聞いている途中で、妙に耳鳴りが大きくなってきて、限界値を超えそうになっていると体が伝えてきたので、説明してくださっている先生には大変申し訳なかったのだが、そこを途中で退出した。

研究室で休もうと思ったら、研究室の前で今日の授業の課題をやっている数人の学生を発見。板書の課題なのだが、うーむ、この内容はまずい。思わず解説をしてしまった。不思議だ。耳鳴りは気にならない。

いやあ、困ったぞ。人の話を聞く時は耳鳴りで、説明をする時は大丈夫。なんか、嫌な人間になりつつあるf(^^;。

その後、研究室で一休みして一仕事。
帰ったら体にフィットするソファで休むか。

体にフィットするソファ

いやあ、長年の夢を手に入れました。
http://www.muji.net/community/mono/elecfurni/fittingsofa01/0506.html
このソファア欲しかったんだよね。

無印良品のお店に行っては座って寝転んで、
(いいなあ、いいなあ)
と思っていたのです。ですが、
(うーん、ちょっと高いよな)
と我慢していました。
ですが、もうすぐ来る誕生日プレゼントとして買ってもらいました。

結構大きいので、ミニクーパーに詰め込むととんでもないことになってしまいました。
(小錦が乗ったらこんな感じかなあ)
と思わず思う私でした。

            ◆

家に帰って早速使ってみます。
ああ、極楽。
体にフィットするので、まるで浴槽でゆったりと寛いでいる感覚です。

これを発明した人に、ノーベル平和賞を上げたい。

            ◆

研究室にも一つ置こうかなあ。
結構、椅子道楽の私でした。

2007/07/02

(ああ、幻聴か?)

研究日であるが、仕事が終わらない私は研究ではなく公務を行っている。来週の週中が締切なので、なんとかしなければならない。ふーふー。

もちろん、明日の授業の準備も進める。夏休みの集中講義の準備も進める。7/7の佐藤正寿先生の「明日の教室」の準備、8/25の野中信行先生の「あすの教室」の準備も進める。

そんなところに、急な来客。
これは本当に急な用件なので話を伺うことにした。
うーん、分かりました。「義を見てせざるは勇なきなり」。孔子様もおっしゃっております。できる限り引き受けましょう。

気分転換に、学内を散歩。
記念樹として植えた木を見て歩く。まあ、順調かな。
ブルーベリーは美味しそうな実をつけている。

水やりをしたらブルーベリーのみを食べていいと学生には言ってある。
ところが、このところの雨。水やりは必要ない。
おーい、学生諸君。前借りで良いぞ。先に食べてしまえ。
食べた人は、実がなくても水を上げてね。

中庭を歩いていたら
「池田先〜生〜」
との声が聞こえる。
きょろきょろしても誰も知り合いはいない。
(ああ、幻聴か?)
と思ったところ、
「先生、上です!」
との声。そりゃあ、三階から声をかけられたって分かんないよねえf(^^;。
書道学科の学生が練習の息抜きに窓から顔を出していたところなんだろうな。
手を振って挨拶。一年間、私の激しい国語科教育法の授業を生き抜いてきた学生たちは、可愛いものである。

さて、取りあえず帰って、風呂入ってから、もう一踏ん張りか。
それとも、桃ビールに流れ込むかf(^^;。

2007/07/01

7月になったら解禁である

7月に入った。

大学の前期の授業もあと各3回である。
今年の夏は、今までの夏で一番忙しく印象的になる予感がある。
授業の他に、あれやこれやとあって、夏の終わりに山場を迎える。

とまれ、7月になった。
7月になったら解禁である。
12月になったら解禁するのが、「The Singers Unlimited」の『クリスマス』というアルバムだが、7月になったら解禁するのが、「桃ビール」である。

作り方は簡単で、美味しいのに恐れをなして挑戦しない方がいるという。
もったいない。
毎年のことではあるが、レシピをご紹介しよう。

【桃ビール レシピ】

1)桃 中玉一個 できれば完熟
2)ビール350ml できれば常温 百歩譲って水道水で冷やす
3)好きなだけ桃をグラスに入れる。最低1/4は入れる。
4)ビールを静かに注ぐ 冷えてないので泡がダーッと出るので気をつける
5)うまひ、うまひと言いながら飲む

ああ、こんなに簡単でこんなに美味しいのに。
ちなみに、今宵はモルツプレミアムに桃半分で幸せである。

お試しを。

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »