« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »

2007/11/30

書写の授業をさせて頂いた

私が高校で校内研究会の講師をしている同時刻に、指導している学生2人は京都の市内の小学校で書写の授業をしていた。

「明日の教室」に参加している先生の学校で、書写の授業をさせて頂いたのだ。小学校の書写の指導は、なかなか難しいと思う。私も今後、小学校の国語の授業のための授業を行うが、15回ではなかなか教えられないだろう。

そこでということでもないが、「明日の教室」に来ていたうちの書道コースの学生に話をしてみた。
『書写の先生として学ばさせて頂いたらどうだ?』

幸いにして、このことを校長先生も快諾して頂き、学生は半日書写の授業を体験させて頂くことが出来た。ありがたい。

時間があえば私も見学に行きたかったのだが、私は私で大事な仕事。だから、前日に指導案の指導であった。

上手く行ったとのメールが学生から来た。
本当かどうかは分からないが、授業をさせていただいた小学校に感謝である。

「明日の教室」をベースキャンプにして、実践の輪が広がると良いなあと思う。

分かりやすいと分かる

研究日。
いつものように家で仕事ということにはならない。本日は、校内研究会の講師を務めるのだ。学校は同じ法人の京都橘高校だ。以前、京都橘高校の国語科の研修会に講師として呼ばれ、顔を知ってもらっているので、多少やりやすい。3時間目の授業を拝見して、放課後の検討会となる。

            ◆

授業はすべて録画され、検討会はストップモーション方式。ひとつひとつ授業の事実から検討を行う。授業はこれから留学を控えた高校生たちに、「説明する」「伝える」ということはどういうことなのかを考えさせ、力をつけることを目的としたものであった。

文章と会話。文脈と記号。これらの観点から「説明する」「伝える」ということを取り上げていた。

            ◆

私は授業を拝見しながら、分かりやすい授業と分かる授業の違いや、分かる授業ってどこまでやっていいのだろうかなどと考えていた。

分かりやすい授業を行うことは大事だが、分からせてしまっていいのかという問題があると思っている。分かってしまったらそこで子どもたちは、学びを続けない。分かるのではなく、分かりそうだというところで終わらせる。または、自分が何も分かっていないということを理解させるという辺りにゴールを設定するのが、高校や大学の授業ではないかと考えている。

じゃあ、この授業でどこいらが「分かりそうだというところで終わらせる。または、自分が何も分かっていないということを理解させるという辺り」なのかというと、これは私が「ここです」と簡単に言えるものではない。というか、言えない。

これは授業者が設定するものである。私は、なぜ「分かりそうだというところで終わらせる。または、自分が何も分かっていないということを理解させるという辺り」に授業のゴールを設定するのが良いのではないだろうかの理由を述べることが役割だと考えた。

今回の研究授業の検討会では、ここをきちんと述べきれなかったかなあと、反省。ただ、コーディネート役の先生にはここについては検討会の前の打ち合わせで話せたので、やがて伝わることを願いたい。

            ◆

オーラルで説明をする時の指導ポイントや、概念の粒の揃え方について解説し、これを踏まえたワークショップをやってこの日はお仕舞い。

娘の待つ家に急ぐのであったf(^^;。

メールも会話も禁止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000945-san-soci
ったく、本当?

引用開始 ーーーーーーーーーー

メールも会話も禁止 都教委、個人情報で新基準作成へ

11月26日0時0分配信 産経新聞

 児童や生徒のテスト結果など個人情報を教員が学校外に持ち出し、紛失するケースが相次いでいることから、東京都教育委員会が個人情報の扱いを詳細に定めた独自のガイドラインづくりに乗り出したことが25日、分かった。新たな管理基準は、教員に個人情報を含むメールの送信を禁じるほか、学校外で児童・生徒の情報を話題にした会話も禁止するなど厳格化した点が特徴という。違反した場合、厳しく処分する方針で検討している。

 都内の公立学校で今年4〜10月、児童・生徒や卒業生の個人情報を紛失するミスが5件も発生。いずれも個人情報が入ったメモリーやパソコンを入れたかばんを電車内や飲食店などに置き忘れる不注意が原因だった。

 都教委は、これまで断続的に注意喚起や再発防止を指示してきたが、ミスが絶えない原因を「個人情報保護に対する教員の意識が必ずしも高くない」と分析し、個人情報管理の厳格化が必要と判断した。

 新たな管理基準には、(1)個人情報の入った電子メールの送信禁止(2)個人情報を記録したメモリーや書類は必ず鍵のかかる引き出しなどに保管(3)私物パソコンの学内使用禁止(4)個人情報が記された書類の裏面をメモ用紙に使用しない−などを盛り込んだ。また、学外で児童・生徒の個人情報を含む会話も慎むように求める。

 緊急時の保護者の連絡網など、校長の許可で持ち出せる個人情報の種類まで定めるとしており、「個人情報の取り扱いをここまで詳細に定めた基準は全国でも例がない」(教育関係者)という。

 都教委は管理基準作成のため、教員の個人情報管理の実態を把握する調査を開始。19日には全教員に個人情報管理について23項目の「自己点検票」を配布し、意識レベルを細かくチェックする。

 都の公立学校の教諭が個人情報を紛失したケースとしては、都立拝島高校の男性教諭(54)が10月下旬、定期試験の結果や調査書など生徒ら1087人分の個人情報を保存したUSBメモリー4本が入ったバッグを、JR中央線武蔵境駅の公衆電話に置き忘れたほか、4月に都立広尾高校の男性教諭(40)が、調査書など生徒ら2757人分の個人情報が入ったメモリーを無断で持ち出し、電車内で紛失したものなどがある。

引用終了 ーーーーーーーーーー

北海道の堀さんがこれについて、文章を書いている。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/75380/251#251

これ、どうなるの?

メールが禁止になれば、保護者からのイチャモンにも答えなくて済むようになるから、
(良かった)
と思う先生もいるかもしれないが、あまり現実的ではないなあ。

でも、先生の教育に関するブログは書かせないということになるかもしれないな。ここが狙いかなあ。それっていいの?

二倍の記念日だね

家の玄関を開ける。
娘が泣いているのが分かる。

娘の名前を呼びながら近寄る。
すると、泣き止む。
私の顔も見ていないのに、泣き止む。

いやあ、嬉しい。
バカみたいだが嬉しい。

            ◆

風呂に入る前に自分の体重を量る。
そして、娘を抱っこしてもう一度量る。

を? そうか。
娘の体重が生まれた時の二倍になった。
いやあ、そうか。
おめでとう。二倍の記念日だね。

            ◆

『小さいのに大きいのはなーんだ?』
娘に話しかけた。
『正解は、・・・』
当然娘である。

            ◆

いつもなら寝る時間に、今日はご機嫌で寝ない。
ベッドで寝かせ付けているのだが、なかなか寝ない。
『ごめんね。ちょっと向こうの部屋の様子を見てくるね』
と言って娘のところから離れたら、あんなに元気ではしゃぎ、ときにはぐずって泣いていたのに素直に聞く。大人しくなる。

向こうの部屋で、明日から始まる講座の資料の作成の追い込みを行う。
で、思った。
(あ、いかん。ウソをついてしまった)
向こうの部屋の様子を見てくると言っておきながら、仕事をしている。
慌てて部屋に戻って
『ごめんね。仕事が残っていてもう少し掛かるんだよ』
と言う。すると、娘は静かにうなずいてくれた(と思う)。
これで大丈夫。一気に仕事を片づけた。

今日もバカである。

2007/11/29

図書館で本を探す

図書館の使い方について、学んだ。諸君は物心がついた時には、インターネットが家の中にある時代に育っているから、何かを捜すとき調べる時はインターネットでというのが大方であろう。

通常の調べもののレベルであれば、それでも構わない。私もそうしているし、これはこれで便利である。

余談開始

何が便利かといって、料理である。冷蔵庫に残っている食材をグールグルの検索窓に打ち込み、最後に「レシピ」または「作り方」と入れれば、その食材を使った料理の例が検索される。これで冷蔵庫の中の残り物の食材を使った一品料理が出来る。

余談終了

ではあるが、学問の世界はこれを許さない。

私の知り合いの京都大学の准教授が言っていたが、東大のある教授は、卒業論文に引用する本や論文は、全て本物を持ってこさせ、コピーや打ち込んだ文章は認めないとのことである。

            ◆

インターネットは、即時性に優れている。しかも文章で書かれるし、なんとなく正しいように思える。出典が2ちゃんねるであれば最初から話にならないと思えるが、wikiなどであれば正しいと思いがちである。

でも、本や論文とは信憑性が違いすぎる。本や論文は、執筆者がいて、それが本当かどうかを確かめる編集者や専門の学会の研究者がいる。そうやって公の場に出てくるものである。

インターネットは、ある個人が特定の思いでブログに書き綴ってあるものもある。「ヘイトサイト」というものすらあるのだ。

百科事典や辞書、専門書、専門の雑誌などにある情報から自分の考えをまとめるようにしないと、一発で論文の価値はなくなる。

その下準備として、いや基礎的な力としての図書の検索能力が必要になるのである。

            ◆

今日は、大学の図書館での検索の仕方についてレクチャーを受けた後、大学のPCで私が課題として示した本の在処を捜し、図書館で実際に捜すことをしてみた。私の出した課題は二つである。

1) 池田修の書いた文章を本学の図書館から捜す。
2) 去年の日本の小学校教員の数の分る本を捜す。

            ◆

一つ目の課題はさほど難しくなかったであろう。何冊課私が書いた本は本学の図書館に寄贈してある。だが、私は「本を捜す」とは言っていない。「文章」だ。実は、雑誌の中にも論文を書いている。これがある。これを見つけてくる人はいなかったなあ。

雑誌の中の検索は、また違うスキル(技術)が必要になる。これは来年度指導を受ける予定だが、どんどん図書館の人に聞くと良いぞ。

それにしても、「池田修」で「アラビアンナイト」の翻訳本を探し出して持ってくるとは(笑)。そりゃあ、同姓同名だわな。私にアラビア語を翻訳するような能力は、流石にない。

二つ目の課題は、ちょっと難しかったようだ。でも、これも検索のキーワードを思いつけばそれほど難しくはないのだよ。

となると、物事を捜すには、「キーワード」を持っているかどうかと言うのが、非常に大事になる。キーワードを持っていること、さらに言えば、キーワードを思いつくことである。

知識と連想の力である。この二つが必要なのである。

            ◆

ちなみに、課題1を発見出来た人は、発見順に、M君、Yくん、Yくん(同姓同名本)、Mくん、Y君でした。おめでとう。

研究入門ゼミ通信「運筆」NO.7より

2007/11/27

嫌われても言うってのが

またもや朝から仕事開始。5時台だとまだ真っ暗だ。一人ワープロに向かう。
ちょっとお腹が痛いのが気になる。今日は珈琲を飲まないでおこう。

            ◆

昼に会議をひとつ終わらせて、溜まっていた事務仕事をどんどん行う。4限の授業前には終了。さて、4限は模擬授業の3回目である。国語科教育法2もすでに10回。あと5回だ。

三回目の模擬授業は、古典。「枕草子」である。さまざまな箇所に工夫をこらし、なかなか授業らしくなってきてはいる。清少納言を登場させたり、板書に工夫を凝らしたりと面白い部分もある。

ではあるが、改めて日頃が大事だと感じた。
今日、授業を行った学生は声も良く通るし、板書の文字もなかなか良い。しかし、残念ながら歩き方がダメであった。古典の世界を作り出してほしいのだが、歩き方がドタバタでヒールの音がかなり目立っていたのだ。

最後のまとめで私が言おうと思ったら、学生の講評の中から出てきた。そこで、
『気になった人いる?』
と聞いたら、ほとんど全員が手を挙げた。

            ◆

授業をした学生は緊張していたのだろう。
しかし、緊張すると恐ろしいことに日頃が出る。または、日頃は隠している本質が出る。これが怖い。だから、日頃が大事なのだ。

日頃がきちんとできていれば、緊張した時にそのきちんとした日頃の姿が出るのであるから、問題はない。

スポーツでも、練習をきちんとするのは、練習の姿が本願で出てくれれば良いがためである。

            ◆

なんか、小言ばかり言っているようだが、こんな私でも教師をやれてきたのは、小言を言ってくださった先生方の御陰だからなあ。
あの時は、
(まったく、五月蝿いなあ)
と思っていたが、実に小言の御陰なんだなあ。

嫌われても言うってのが教師の仕事ね。
ああ、なんでこんな仕事を選んだのだろうと、この時ばかりは一瞬は思う私であった。

            ◆

ああ、週末の講座の準備が終わらない。
うーん。
帰って娘をお風呂に入れよっと。

仕事の秋

朝から研究室に籠る。
うーん、仕事がたまっている。授業以外の仕事が結構たまっているのだ。弁当を持ち込んで、食べにいく時間も節約してやっている感じ。

            ◆

午後は、模擬授業の事前指導を二つ。もう少しで形になりそうだ。頑張れ。
その後、教職総合演習の授業を行って、さらに児童教育学科の児童教育コースの会議。それでもってその後も研究室に籠る。

            ◆

仕事の秋である。

2007/11/26

午後から動き出す

二日間の疲れが出て、午後から動き出す。
奥さんと娘と近くのガーデンにお散歩。
風もなく心地よいお散歩日和。
歩いて10分もしないところにお庭があるのは、いいもんだ。

            ◆

芝生の上にビニールシートを敷いて座る。
琵琶湖に上がる噴水を見ながらお茶。
クッキー等を食べる。

ガーデンを持っている会館で結婚式があったようで、御祝いをしている。空に向かって風船を放っていた。どんどん青空に向かって飛んでいく。

その風船の上を飛行機が横切る。
(あれは、九州に向かう飛行機だろうなあ。沖縄に行く飛行機は太平洋上空を飛ぶが、九州に向かう飛行機は富士山の脇を通り、遠州灘の脇を通り、琵琶湖の上空を通っていくからなあ)
なんてことを思いながら空を見上げていた。

「生まれたところや皮膚やめの色で、いったいこの僕の何が分かるのと言うのだろう」
ブルーハーツの「青空」を思い出したりしていた。

            ◆

夕方から、研究室に向かう。
仕事がたまっているので、三時間だけと決めて向かう。
集中してひとつの仕事を終えた。

さ、明日からまた授業再開である。

2007/11/25

三連休の前半二日

三連休の前半二日は、濃い二日であった。

            ◆

初日は「ALL関西教育フェスタ2007」に参加。去年に引き続きに二回目である。関西の教育者を目指す学生たちが、自分たちで一泊二日の学習会を企画しているのだ。すばらしいことだ。140人ぐらい集まったという。

講師陣が凄い。私が関わった初日の講座には、赤坂真二、今村克彦、西川純の各先生。私はオープニング講座で行ったパネルディスカッションの司会を担当。このパネルディスカッションには、稲田塾登美ケ丘校校長の前田先生も参加された。

単独の講座のない私は、三人の先生方の講座を順番に受ける。すごい。そして、今村先生の生徒指導を中心としたお話と西川先生の学び合いのお話の中に、とんでもないものを見つけて喜ぶ。

それにしても、当たり前だが講師の先生方の「語り」の上手さである。それぞれがそれぞれの語りを持っている。赤坂先生のどっかんテンション、今村先生のブルース、西川先生のエネルギーの噴出。もちろん、これはこの語りの一部を述べているのであり、語りは50分なら50分の講座全体を通して様々な様相で現れるものだ。だから、上記に表したものはその一場面ということも言える。が、兎に角ここだ。

夜は、学生が独自企画をしている間に講師陣で「大人の会」を行う。糸井先生とか平井さんとかもご一緒。そして、その後懇親会で朝の3時過ぎまで延々と教育について話す。さらに、講師の先生と話す。

と、私は非常に良い時間を過ごしたのだが、少し、気になることもあった。
これだけ素晴らしい企画を行っているのだが、学生としての甘えがなかったとは言いきれない。学生でありながらこれだけの企画をしていると言うことは、学生として許されることではなく、社会人として普通のことを求められる。

これについては、帰り際に責任者に話をしたが、彼らもきちんと勉強しなければならないことだろう。折角、良い企画をしているのだから。

10年続けば、日本の教育はここから変わる可能性がある。まるで松下政経塾のように
「君は、ALL関西の何期生?」
ってな感じで。

それを期待している。だから、きちっと総括して次回に引き継いでほしい。

            ◆

二日目。朝ご飯を食べて、阪和高速道路、名神高速道路と乗り継いで自宅に一度戻る。高速道路は、京都の紅葉を見に来た車で京都南は大渋滞、京都東は出口で京都市内方面が渋滞。凄いことになっていた。京都はこの時期車で来ても何の良いことはないのに。

ALL関西教育フェスタ2007は、まだ二日目もあるのだが、もうひとつ参加したい講座があったので失礼して帰った。「とっておきの授業&学級づくりセミナー」http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2007/08/post_f0f3.htmlである。娘に会って抱っこしてから、会場の京都教育大学付属小学校に向かう。

土作先生の授業が終わりかかっているところに到着。相変わらずの土作節。いいなあ。その後、深沢先生の授業を見て、いよいよ野口芳宏先生である。

            ◆

授業開始と同時に、子どもたちの背中がシュッと伸びるのが分かる。(付属小学校の6年生が授業を受けにきていた)そこから濃密な学びの時間が展開されていた。

非常に失礼な言い方になるかもしれないが、古典芸能を見ているかのような格調と奥深さを感じた。多くのことを学ぶ。

いやあ、眠い目をこすって来て良かった。

さらに、授業の振り返り、総括の講演と先生のお話は続く。記録のメモ、思考のメモを取りながら、知的興奮を楽しむ。楽しむなんて書いたら失礼かもしれないが、でもそうだった。

            ◆

その後の懇親会では、野口先生の横に座らせて頂く。そして、日本教育新聞の書評欄に『教師になるということ』が掲載された時に、同じ紙面に野口先生の書評が違う本に書かれていたことを申し上げ、小書を受け取って頂く。先生は、書評を読まれていたそうで嬉しく思う。

その後、野口先生に授業中に出た疑問に答えて頂いたり、先生の今後のお仕事のことを伺ったりしながら濃密な時間を過ごす。

さらに、凄いことに
「池田先生、一緒に仕事をしましょう」
と、あることについて言われてしまった。感激である。

そして、なんと「明日の教室」に来て頂けることに成りました。万歳!!!。

            ◆

終電で帰って来て、娘にこの二日間を報告して、爆睡であった。

変な夢を見た

変な夢を見た。
私の背中を小鳥が飛び跳ねて歩いていくのだ。
トントン。トントン。トントン。トントン。

調度イシビタキのような小鳥が私の背中を飛び跳ねていくのだ。

なんだ?
と思ったところで目が覚めた。

すると、娘が私の背中をトントンと手をばたつかせながら叩いていた。


« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »