« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

2007/12/22

「未来の歌」

車を家に置いて、京都駅に向かう。
小さな忘年会をやるためだ。
吹上中学校時代の教え子と、ディベート関連の教え子のような仲間と飲んだ。店は、最近とても気に入っている駅前の怪しい店。ぎりぎり3人が入れたのでやったー!であった。

            ◆

教え子は、このたび目出たく博士号を習得。脳科学の学者としての一歩を踏み出した。ディベートの教え子は、関西のとある大学院で教え始めた。2人とも私より一回り以上年下だが、優秀なことで何よりである。

当たり前だが、二三年前にはここ京都で、彼らと一緒にこうして杯を酌み交わすことなんて想像だにすることはなかった。それが、こうして終電まで楽しく杯を交わし、美味しい物を食べる。人生の不思議さと有り難さを思う瞬間だ。

そして、自分の人生を賭けるものとして、教育を選んで良かったと思わせてもらえた瞬間だ。

            ◆

「未来の歌」
                 ルイ・アラゴン

人間だけが 夢をもつものなのだから
自分の抱いた夢が ほかの人たちの手で
自分の歌った歌が ほかの人たちの唇で
自分の歩いた道が ほかの人たちの足で
自分の愛さえが ほかの人たちの腕で成就され
自分の蒔いた種を ほかの人たちが
摘みとるために ひとは死をも辞さない
人間だけが 明日の日のために生きるのだ。

わが身を忘れて尽くすことこそ 人間の道だ
人間とは みずからすすんで すすめる者だ
ほかの人に 自分の酒を飲むように
人間とは つねにその身を差し出す魂だ。
おのれに みずから打ち勝つものが
また わが身の血を 人に与えるのだ
その苦しみの報いなど 何ひとつ求めずに
そしてやがてやってきた時のように 裸で出てゆくのだ

人間は わが身を粉にして 力をつくし
めざしただけ おのれを越えて進むものだ
おのれの辿りついた空には飽きたらずに
みずから作り出した火に みずからを焼ながら
やってくる朝に 席をゆずる夜のように
消えてゆく自分には こころもとめず
おのれの運命の その深淵のうえに
ひらいた扉にむかって 嬉々として

            ◆

こんなにかっちょええことを常々思っているわけではないが、でも、年に一回か二回はこんな思いになっても良いだろう。

大切な、
思い出深い、
この一年が終わって行く。

Rimg0612_2

2007/12/21

研究室の大掃除は後回し

今年の授業が全て終わった。これでやっと個人的な年末モードに入っていく。

本学は来年度のシラバスの締切が早くて、もう既に書き終えているが、細かい打ち合わせ等はこれからもしなければならない。来年度は、オムニバスで行う授業が二つほどありそうだ。

            ◆

この冬休みにしようと思っていることはいろいろあるが、なんと言っても学術論文の出版が大きな山である。修士論文を元にした「ディベート入門期指導」に関する一冊を出すことにしている。一月中になんとかまとめる。

他に、原稿が2つほどあったり、一月に行う講座や新しく関わることになる○○○の仕事の準備やらとある。ぬはははは。正月「休み」だわい。

            ◆

ディベートの授業では、はじめてパーラメンタリー形式のディベートを行った。15分の準備で、ディベートをさせた。立論は2分という短いものだが第二反駁までさせた。90分で三試合させた。

これがまあ、なんとかディベートの形になっていた。彼ら彼女らの成長を嬉しく思う。

この授業を受けているメンバーの中から、教職サークルを立ち上げたいと言う声が出てきている。今日
「顧問になっていただけませんか?」
と言われた。
『おう、まず一年間なってもいいぞ』
「え?」
『私もこの先の専門ゼミやらなんやらのことが、まだ良くわかっていないのだ。だが、来年はまだ専門ゼミは持たないので、大丈夫だと思う。君たちがどんな活動をするのか分からないが、まず一年やってみよう』
「はい」
のようなこととなった。

学ぶことが楽しくなってきている学生を見るのは、嬉しいことだ。

            ◆

もうひとつのキャリア開発演習2の授業では、「学び合い」に関する私の仮説を大胆に説明してしまった。いずれ、このブログでも書きたいと思っているが、あれこれ考えているけど、
(やっぱりこうだろうなあ)
と思うのです。

さて次は、12/23に「関西 ネタ研」で行う講演の詰めだ。原稿はできたが細かい詰めがまだ。研究室の大掃除は後回し。たぶん、二月末まで後回しf(^^;。

1/3の卒業生新年会はまたの機会に

年の瀬ですね。後一週間ちょっとで新年です。

さて、毎年1/3に行っていた池田卒業生の新年会ですが、来年は娘を連れて帰るのが大変なため、聖蹟桜ヶ丘で行うのは、ちょっとごめんなさい。

もちろん、こちらに来る時には声を掛けてください。部屋を片づけて日程を調整しますf(^^;。京都滋賀の名所をご案内しましょう。

みなさん、よいお年をお迎えください。

2007/12/20

『誰だってズルしたい!』

『誰だってズルしたい!』(東海林さだお 文芸春秋)

私は、授業のあるオンシーズンでは、基本的には楽しみとしての読書はしない。楽しみの読書は、授業のないオフシーズンにするようにしている。もう十年以上そうしていると思う。

楽しみとしての読書の本は、買っておいてオフになった時に読むようにしている。それまでは積読だ。だが、後少しで授業が終わると言うところでこの本を読んでしまった。

いや、なんというか体と心が疲れていたので、東海林さだおワールドに浸ってリハビリをしようと思ったのだ。

            ◆

いやあ、さすが東海林さんである。
面白い。
そこまで拘るかというところまで、拘っている。

            ◆

そして、巻末にはあの土屋教授との対談。さらに、解説は養老先生となっている。
ここで東海林ワールドの笑いの秘密に迫っている。
もう、読んでもらうしかない。

ああ、気持ちよかった。

自信はなくても胸を張って

(オレも年取ったなあ)
と思うことが、このところ年に数回ある。
そして
(人生は思ったよりも短いなあ)
とも思う。

だからと言って焦って何かをするってのも変なので、出来ることをコツコツやるしかない。ま、この考え方そのものも年を取った考え方だよなあf(^^;。

            ◆

「明日の教室」では、超一流の教育関係の講師に来て頂いていろいろな学びを深めている。その一方で横の広がりも私は考えたい。

学生でありながらこの研究会に参加している彼ら彼女らに、さらなる勉強の場を提供したいと思っているのだが、先日ひとつその結果が出た。

明日の教室に参加されている、京都の小学校に勤めている先生のクラスで、学生たちが書写の授業をさせていただいたのだ。

本学の文学部日本語日本文学学科書道コースは、この4年間連続で、全日本全日本高校・大学生書道展の最優秀校に輝いているのである。自信はなくても胸を張って行け!ということである。

その時の記録が、本学のブログに載りました。見てやってください。
http://www2.tachibana-u.ac.jp/t_blog/2007/12/15-081833.php#more

            ◆

こうして、若者が成長していくのを見て喜ぶなんてのは、まさに、(オレも年取ったなあ)なのである。ま、悪くはないがf(^^;。

研究入門ゼミの年内の授業も

研究入門ゼミの年内の授業も終える。

この授業では古典を読むということを各クラス共通で行っている。共通のテキストは、『エミール』である。この古典を、私は作家論的に読むアプローチと、テキスト論的に読むアプローチの入り口を指導している。

とてもじゃないが、全部を扱うことは出来ない。ただ、これから彼ら彼女らが挑んで行く、学問への道のりを考えると、本文を好きなように読むということだけは止めさせなければならない。少し伝わったかな?

授業中に、関連事項として娘の成長についてちょこっと話したら
「先生は、娘さんのことを話す時は顔が全然違います」
と感想。

当たり前だ。授業の顔で娘に接するわけないだろう(^^)。

            ◆

午後は、会議が二発。
年内にあと二つはあるな。

            ◆

中学校の教員をしているころは、そろそろ来年度の人事が気になり出すころだったな。どの学年を担当するのかは大体分かるが、誰と組むのか、または、どの分掌に入るのかによって随分と一年間の過ごし方が違ってくるのであれこれ心配する。

が、心配してもあんまり意味がないと分かってくるようになる。仕方がないのさ、宮仕え。振ってくる仕事をこなして行くしかないんだよなあ。

にしても、仲間たちは長期研究生として来年一年間は現場を離れるとか、教職大学院を目指すとかいろいろだ。世界が変わると見えるものも変わるから、楽しみですねえ。

            ◆

大学では学内の行政に関わる委員会は、通常2〜3年は続けることになっているようであり、来年担当する授業も、急にこれやってというのはほとんどないので(少しはある)、この人事については、まあ大学では平穏だな。

この方が安定した授業や指導が出来る。システムがいじられるとそのシステムを身につけるのに時間がかかる。エネルギーが割かれる。新しいシステムを吸収して自分の役に立てるように整著させるには、ちょっと時間がかかるからね。ま、ヴァージョンアップなら歓迎なんだけど。

大学は、立ち上げなのでヴァージョンアップの連続。面白いなあ。

            ◆

金曜日に二つの授業をして、年内はお仕舞いである。

2007/12/19

続々年内の授業が終わる

続々年内の授業が終わる。
昨日は、国語科教育法2と自主ゼミの「模擬授業研究」が終わった。

国語科教育法2では、一人5分で得意な分野で模擬授業を作る。この前半が終わった。たかだか一人五分であるが、これが実に良くわかる。五分でその授業者の力量が良くわかる。

授業を作ると言うことはどういうことなのか。この理論と知識を身に付け、一回は模擬授業に関わってきている学生たちなので、結構出来るようになっているかと思いきや、そんな簡単には行かない。

思っていること、理解していることと、出来ることの差は明らかに大きい。前期に多少書けるようになったかと思った板書も、ぼろぼろ。課題を出さないとやらないのは、私の学生時代と同じ。書けるようになっていない。

ではあるが、理解したことをやろうとする姿はそこかしこに見ることが出来た。それが大事。

            ◆

自主ゼミの方も、一定の成果を出せるようになってきたかもしれない。数回に一回は、
(ん、これなら4月から教壇に立っても大丈夫かな?)
と思える授業をすることがあった。

ま、もちろんそれを毎日やらなければならないし、授業以外の仕事がどーんとあるのが学校教育現場だから、このぐらいではまだまだなのだ。が、自主ゼミの模擬授業も、あと彼女等が卒業するまでで言えば3回でお仕舞いだし、数回に一回ぐらい授業らしい物ができてきたことをよしとしよう。

            ◆

その他、学生の指導や相談に乗ったりしながら一日が過ぎて行った。
ここに書けないこともいろいろとあるが、いやあ実にいろいろとあるが、一年は過ぎて行く。

歯がほぼ治った

歯がほぼ治った。
一ヶ月調子を見て、最終調整をしてお仕舞いだ。
うれしい。
蟹喰うぞ。
焼き肉喰うぞ。

でも、
「治ってバリバリ食べて、一ヶ月ちょっとで7キロ太った女性がいますから、注意してくださいね」
とのこと。流石に7キロは太れないと思うが、歯の治療中は体重が減っていたのは事実。慎重に行こう。

半年ぶりにきちんと話が出来る。食べることが出来る。
ああ、嬉しい。

歯は一生ものという。
私は、ダメにした歯を治した。

ということは、ここから先は、二度目の人生か。
ラッキーである。

2007/12/17

その夢ではブレザーの

いやあ、参った。
5万円入った封筒を、なくしてしまっていたこの数日間であった。

(たしか、あそこに仕舞ったはずなのに)

と思っていたのだが、ない。あれこれ捜しても、ない。

夢の中にまで出てきた。
そして、その夢ではブレザーの胸ポケットから出てきた。

慌てて、捜してみる。
良くわからないスーパーのレシートが出てきた。

            ◆

本日、がっかりしながら研究室の片付け。
このところあれこれ忙しくて、片付けが出来ていなかったのだ。

(ま、社会に寄付したと思うことにしよう。誰か喜んでいるだろう)

そんなことを思いながら、片づけていた。
そしたら、書類の間から出てきました(^^)v。
私が喜びました。

ああ良かった。
まったく心臓に悪い。

自らを伸ばそうという人たち

週末は、明日の教室と全国教室ディベート連盟近畿支部秋季大会ですごす。風邪が治っていないので、無理はしないつもりで参加するが、参加して良かった。

やはり、自らを伸ばそうという人たちと一緒の時間を過ごすのは、刺激的で心地よい。

            ◆

さ、今週で年内の授業はお仕舞いとなる。
風邪を治して、乗り切ろう。

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »