« ナースでも雄叫びである | トップページ | 一週間に一日ぐらいは »

2008/01/19

四月からのあれこれ

朝から和室に籠る。
琵琶湖から昇ってくる太陽が朝は和室まで届く。
その光からパワーを受けて、原稿に取り組む。

なんとか、午前中に書き上げる事が出来た。
ふう。
久しぶりに難儀した原稿だ。
「授業づくりネットワーク三月号」です。
良かったらお読みください。

            ◆

日本語コミュニケーション技術1では、導入でいろいろな話をしてしまった。ディベートと笑いの関係、笑いの三種類、はないちもんめの種類、はないちもんめの教育的価値、出会いにおけるご縁と祟りの関係・・・。いろいろなものが重なり合って世界を構築しているわけである。

その後、「書き込み回覧作文」で小論文を相互評価。このやり方は簡単なのに、効果がある。ということは学校教育現場向きである。学生たちにも非常に好評であった。

            ◆

キャリア開発演習2では、『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』(竹内常一 櫻井書店)を読み続けている。実に面白い本である。なかなか先に進めない。

少人数のゼミ形式で、学生の経験私の経験をテキストにぶつけながら読んでいる。テキストリーディングができるかどうかということは、資料分析にはとても重要だが、その力を育てているともいえる。

面白いなあ。

            ◆

授業後、四月からのあれこれについて、あれこれ話す。どうやったら一番いい方法で動けるのかを大学のスタッフに考えてもらった。ありがたい。

さらに、四月からのことをあれこれ。そして、事務をあれこれ。
あ、まだ、あの仕事が終わっていない。

明日だ。

« ナースでも雄叫びである | トップページ | 一週間に一日ぐらいは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナースでも雄叫びである | トップページ | 一週間に一日ぐらいは »