« 元気で。 | トップページ | 明日からは大学も授業だ »

2008/01/06

父は長嶋茂雄さんと同じ年

いつの頃からか、父親が面白くなった。
いつもむくれている父親のイメージであったが、私が高校生ぐらいになった時に父が、父ではなく男の顔を見せるようになった。というか、私が感じる事が出来るようになったのかもしれない。

しかし、最近の父親の暴走は凄い。

            ◆

父の語録である。

1)Aはいない。

父と私と弟は、声が同じである。電話では、間違えられる。そこで、電話の時には最初に名前を名乗る。私なら、
『おさむ。おさむです』
のようにである。

弟が家に電話をかけたときのこと。父が出た。

弟「A。Aです」
父「A? Aはうちにはいない」
弟「え? だからA。A!」
父「だから、Aはいないと言っているだろ!!」

と言って電話を切ってしまった。それも二回も。
本人が電話をしているんだから、家にいるわけないじゃん。


2)祇園にて

祇園の辺りを車で流していた。
そしたら、一足早い成人式の準備なのか、看板が出ており、その辺りに晴れ着の娘さんたちが歩いていた。

母「成人式かね?」
父「ん? 西部劇?」

どうして祇園で西部劇なのか分からない。

3)オレも厄年だ

弟は、今年大厄である。三十三間堂に行った時に、弓付きの破魔矢が売っていたので、厄払いにと私が弟に買ってあげた。すると、父が、

父「オレも今年厄年だぞ」
私「え? そんな年まで厄年なんてあったっけ?」
父「あるある。オレがそうだ」
弟「?」
私「あ、もしかして年男じゃないの?」
父「それだ、それ」

            ◆

次に会う時も、語録を期待している私である。
ちなみに、父は長嶋茂雄さんと同じ年である。

« 元気で。 | トップページ | 明日からは大学も授業だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気で。 | トップページ | 明日からは大学も授業だ »