« 狸の嫁入り | トップページ | 児童教育学科の一年間の終業式 »

2008/01/27

気がつくと一月も終盤

気がつくと一月も終盤。いやあ、今月は忙しかった。
今週末は、忙中閑ありってところだろうか。

            ◆

正月に両親と弟家族を迎えたところから始まり、東京に2回出張。原稿の締切に悩まされ、大学の書類の締切にも追われ、四月からの企画の準備、明日の教室の準備、恩師の最終授業の会の準備。もちろん、通常の大学の授業もあった。

仕事は、仕込みと収穫のバランスが大事なわけだが、年度末はどのお仕事も同じように仕込みと収穫が同時にやってくる。目の前の仕事をうりゃうりゃうりゃあとやりながら、
(この仕事が三年後のあれにつながっているのね)
なんて思ったり、
(この仕事は将来の何に繋がっているのだろうかねえ)
と思ったりしながら、過ごす。

            ◆

その中で、娘の成長も日々目を見張るものがあり、感動が続いた。
寝返りをするようになり、ハ行で笑えるようになり、昨日は「ぷえ〜」なんて声を出していた。

時々女の子っぽい顔をしたり、時には女性らしい顔つきになったりして
(をを、我が家の男性はオレだけだ)
なんて思う事もあった。

            ◆

風呂に入って、読書をして、琵琶湖を眺めて、娘と一緒に昼寝をして。
そんな一日。

明日からはまた忙しくなる。

Biwako

« 狸の嫁入り | トップページ | 児童教育学科の一年間の終業式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 狸の嫁入り | トップページ | 児童教育学科の一年間の終業式 »