« 出前授業であった | トップページ | 車を置いて山科駅へ向かう »

2008/02/01

有り難いことに第二弾

夕方から娘と一緒に出掛ける。
娘の内祝いのためである。

既に内祝いは行ったのだが、その後もたくさん御祝いを頂き、有り難いことに第二弾ということになった。

滋賀で一軒、京都市内で一軒お気に入りのお店で内祝いを頼む。第二弾なのでお店の方も覚えてくださっていて、スムーズに進む。

            ◆

京都市内のお店で奥さんが伝票を書いている時に、私はちょっと娘を抱いたまま、筆屋さんに出掛ける。お気に入りの筆を買うのだ。

手に入れて会計を済まそうと思ったら、財布はウエストバックの中。娘を抱いたままでは無理なので、テーブルの上に置かせてもらった。
そしたら、

「かわーいー。桃さんみたい」

とレジの女性。
ピンクの洋服にくるまれた娘は、顔を赤らめていて確かに桃である。

            ◆

桃と言えば、我が家では「桃様」と呼んでいる。呼び捨てなんぞできない。初夏を迎えれば桃ビールを楽しみ、ひと齧りごとに美味しい美味しいと叫び声をあげている「桃様」である。

それに似ているなんてのは、うれしいなあ。

            ◆

食べないように気をつけようf(^^;。

« 出前授業であった | トップページ | 車を置いて山科駅へ向かう »

コメント

桃に似ているいる女の子はかわいいとすれば、男の子の場合は何に似ていると言われれば良いのでしょうか?メロンかスイカか?

本日出前授業の感想文&授業の録画DVDを大学宛に送付しました。来週早々には届くと思います。ありがとうございました。

もちろん、桃でも良くて、その場合は桃太郎でしょう(^^)。

感想楽しみにしております。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出前授業であった | トップページ | 車を置いて山科駅へ向かう »