« この情勢とは全く違うこと | トップページ | 『笑いの現場 ひょうきん族前夜からM−1まで』 »

2008/02/29

論題が発表されました

シーズン到来です。
さあ、今年も論題が発表されました。

            ◆

http://nade.jp/test/modules/wordpress/index.php?p=188

引用開始 ーーーーーーーーーー

全国教室ディベート連盟と読売新聞社は2月28日(木)、第13回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)の論題を以下のとおり発表しました。
 
【第13回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)論題】

中学: 「日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止すべきである。是か非か」
*携帯電話・PHSを所有することと、継続的に借用することを禁止する。
*身体に障害のある人については使用を認める。

高校: 「日本は労働者派遣を禁止すべきである。是か非か」
* 労働者派遣の定義は現行の労働者派遣法に従う。

引用終了 ーーーーーーーーーー

これから全国の中高の若きディベーターたちは、東洋大学で8/11に行われる全国大会の決勝を目指してリサーチ、試合、リサーチ、試合と重ね、地区大会を勝ち抜き、リサーチ、試合、リサーチ、試合と進めて行きます。

私もそうして子どもたちと取り組みました。

http://homepage.mac.com/ikedaosamu/debate/01kiroku.html

            ◆

全国で、ディベートを通して人間的成長を遂げる中高生が多く現れることを、楽しみにしています。

« この情勢とは全く違うこと | トップページ | 『笑いの現場 ひょうきん族前夜からM−1まで』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この情勢とは全く違うこと | トップページ | 『笑いの現場 ひょうきん族前夜からM−1まで』 »