« 奇麗に締った | トップページ | 教育の世界の話は »

2008/03/17

お地蔵さんみたい

卒業式と明日の教室の充実感の後に、疲れがやってきた。
日曜日は、原稿のあれこれをちょっとやって、あとは体を休めていた。
娘とお昼寝である。

            ◆

昨日、奥さんが娘と一緒に、近くのガーデンに行ったそうだ。
職員のオバさんと話していたら、オバさんが
「まー、可愛い。お地蔵さんみたい」
と言ったとか。

確かに太ってきているが、「お人形さんみたい」の言い間違いであることを願う。

            ◆

あべたかさんが、絶賛していたソフトを手に入れてあれこれ楽しむ。LiFE with PhotoCinema 2である。フォトストーリーのもっと凄い版である。何がすごいかというと、自動で作ってくれる作品のクオリティが凄いのである。

フォトストーリーもあれこれ手を入れると、凄い作品が出来る。imovieも凄い作品が出来る。であるが、私は面倒くさがりやなのであれこれ手を入れないで凄い作品が出来るのが嬉しいのである。

いやあ、本当に凄い。

            ◆

かつてMacには、「Mac詩人」というとんでもないソフトがあった。勝手に詩を作るのである。データベースにある単語をハイパーカードというソフトがランダムに並べ替えて、詩らしきものや詩を作るのである。

いま調べてみたらHDにあったので、実際に使った見る。

引用開始 ーーーーーーーーーー

テクニックのまずい生活


仔猫にワープロ
空をなんとかする
まわしはとんでもないあそこだもん
ピアノをそれにしてもあげる
ボトルを舐める
ジャパンがなんといってもいとしいのね
ぶっぱなす薄い旅館なの

引用終了 ーーーーーーーーーー

引用開始 ーーーーーーーーーー

楽しいにおい


うれしそうな大工の楽しいお風呂なんだもん

テーブルにきっと抜け出すわね
レコードをぎんぎん座るね
大工のプリンが滑り落ちるのかな
ぶっぱなすね

歌うに違いないわ

脅すあなたなのよ

ミサイル

引用終了 ーーーーーーーーーー

ボタンを押すだけで次から次へとシュールな詩のようなものが生まれてくる。
(これは、創作への挑戦だなあ)
と思ったが、映像の場合も同じであろう。

ボタン一つで、作品が出来てしまう。クリエイティビティとは何なのかを考え直さなければならない。ひな形がここまで拡大してきているのかと思う。

            ◆

で、しばらくはLiFE with PhotoCinema 2で、お地蔵さんならぬ娘の写真で楽しむ私である。

« 奇麗に締った | トップページ | 教育の世界の話は »

コメント

ほんとうにすごいですね。これらのソフト。

オートマティズムとも違うし、
定石?がテンプレートですか。

フォトショップもそうですが、PCというブラックボックスによって
できたような気になりますよね。

デジカメで、オートの露出で、ピントも合ってそれなりに
撮れるのもそうですし。

ほんとうに。

フォトシネマも昔から知っていますが、これを一から編集で
作るとなると大変な時間と労力がかかります。

うーーんという感じですね。
プロは要らないのか!

これはまずい!

プロの領域にどんどん素人が入っていきますよね。となると、センスとプロデュースの力ってのがプロにはさらに求められるのでしょうかねえ。

んじゃあ、センスとプロデュース力はどうやって身に付くのかというのと、圧倒的な体験の量と知識の量なのかなあと。素人には体験できないぐらいの量が必要になるんだろうなと。

おそらく教育の世界も同じではないかなと思います。

昨日急遽、撮り貯めた写真をフォトストーリー3に取り込んで卒業生の3年間をスライドショーにまとめました。なぜ、前日なのか?それはあまりに慌ただしくて時間が無かったからです。そして、今日学年集会で上映しました。もちろん大好評でした。

明日、池田先生にお世話になった3年生113名卒業します。

忙しくて最終予行日の前日にならないと作れないというのはとんでもない状況ですが、それでも作れてしまうというのがこのソフトのすごさですね。大好評で良かったですね。

フォトストーリーに物足りなくなったら、LiFE with PhotoCinema 2をどうぞ。ウインドウズ版もあります。アカデミーパックもあるのでお手頃価格で手に入ります。

縁のあったみなさんが、卒業ということで私も少し切ない思いと晴れ晴れしい思いを抱くことができます。みなさんがさらに人間的な成長を遂げられますように、お伝えください。

ご卒業おめでとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇麗に締った | トップページ | 教育の世界の話は »