« 一回目の校正が終わった | トップページ | 着物等の民族衣装は »

2008/03/14

卒業に寄せて

卒業に寄せて
 〜四月から先生になる諸君へ〜

            ◆

『"Are you ok? "

これを日本語に訳すとどうなるだろうか?

「大丈夫?」
でいいだろう。

では、ここに主語を入れたら?
「あなた、大丈夫ですか?」
となる。

では、このyouが小さな男の子だったらどうなる?
「僕、大丈夫?」
となるはずだ。これを英語に翻訳したらどうなる?

*Am I ok?"

となってしまう??』

            ◆

人称代名詞を考えるとき、この話は中学校の授業で良くした。日本語は一人称代名詞が異様に多いのだが、一人称になったり二人称になったりする言葉もある。僕、手前、自分(関西では二人称、関東では一人称)などがそうである。

では、先生を敢えて人称名詞として考えると、何人称になるのであろうか。
私は先生とは、二人称なのかもしれないと思っている。

            ◆

「先生ね、昨日すごい夢を見たんだよ」
「先生は、それ凄く良いと思うよ」
「先生は、許しません」

ごく普通にある会話だ。この時の先生は一人称である。自分で自分のことを先生と呼んでいる。ま、これをおかしいと思う子どもはそんなにはいないだろう。

だが、君が子どもの頃、その先生の前では
「○○先生!」
と呼んでいたのに、その先生がいなくなると
「○○がよ〜」
のように呼んでいた「先生」もいたはずだ。

逆に、その先生が目の前にいようがいまいが、その先生のことを話す時には必ず「■□■先生は、〜と仰っていたけど」のように先生と付けて、敬語も付けないと気持ちの悪い先生もいらっしゃったはずだ。そんな経験はないだろうか?

            ◆

私のことを「池田がさ〜」と呼ぶ中学生を見つけたとき、私は複雑であった。
国語の教師としては
『年上の、しかも先生のことを呼び捨てにするとは何事である』
と怒らなければならない。しかしその一方で
(うーん、私はまだこの子の先生になれていないんだなあ)
と忸怩たる思いであった。

そんなことから思うのである。「先生」ってのは二人称名詞ではなかろうかと。自分で言う言葉ではなく、呼ばれる言葉である。

            ◆

かつて、採用試験に合格すれば子どもの前で簡単に先生になれる社会的環境があった。私も24歳で採用試験に合格してすぐに、先生であった。学区に住んでいた私は、スーパーに行っても飲み屋に行っても歯医者に行っても先生で、ちょっと疲れることもあった。しかし、そうやって「先生!」と呼ばれることで、先生としての胆を決めてきた。

学区の中では、決して制限速度を超えて運転しない。
学区の中では、飲みつぶれないf(^^;。
学区の中では、・・・。

社会に先生にされながら、自分のことを先生にして行った。

            ◆

さて、諸君は四月から先生である。採用試験に合格し、教壇に立つ。一年間の試用期間があるとは言え、誰がなんと言っても先生である。

だから「先生はね、〜」と話しても何の問題もない。多少の違和感を持ちつつ、照れもありつつ「先生はね、〜」と話すのは一年目の先生としては初々しくて良い。

だが、ときどき「先生は二人称名詞ではないか」という私の言葉も思い出してくれれば、うれしい。先生という呼称は、合格するところでスタート地点に立ち、そこからは子どもが先生にしてくれるのだと思う。

「先生」諸君の、四月からの活躍を大いに期待したい。

Hanataba

« 一回目の校正が終わった | トップページ | 着物等の民族衣装は »

コメント

 池田先生ごぶさたしています。
   
 「先生」ってのは二人称名詞ではなかろうかと。自分で言う言葉ではなく、呼ばれる言葉である。

私は新任時代から、どうも自分のことを「先生は・・・」とつけて話すことに抵抗がありました。22歳の自分は、先生なんて呼ばれるほどの人間ではないし、まだ未熟だという思いがあったからです。
 でも、経験をつんだから大丈夫かといえばそうではありません。ですから、「私は」という一人称で思いを伝えます。(高学年が多いということもありますけど。)

 周りをそっと見渡してみると、二つのタイプに分かれるようです。たぶんそれぞれこだわりがあるのだと思います。ちなみに私の尊敬する師も、「私はこう思います。」といって語られます。

 4月からまた若い先生方がたくさん入られますね。お迎えする側としても、心新たにし、共に学び続けたいと思います。
 

ご無沙汰しております。

若い頃は自分で「先生」ということに、さほど違和感はありませんでした。むしり、言われることの方にむずむず感がありました。ですが、最近はどうも逆のような感じです。

先生の教えられた子どもたちが立派に成長されて行く姿をブログで拝見しています。いいなあという思いと、離れてしまう先生の切なさを感じながら。

春ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一回目の校正が終わった | トップページ | 着物等の民族衣装は »