« 人生で一年間だけ、人は | トップページ | 手段はその後で十分である »

2008/03/20

「底抜けに!」

「ちりとてちん」がそろそろ終わりになる。

最初の頃は、ちょっと上滑りすぎた展開であまり見る気も起きなかったのだが、途中から俄然面白くなった。まあ、「タイガー&ドラゴン」を見ていた私としてははまるのは当然かもしれない。

「ちりとてちん」には、落語の師弟関係を描きながら、塗り箸の師弟関係も描き出し、それこそ塗り箸のように次から次へと「伏線」からの様々な模様が出てくる。正統的周辺参加と伏線を学ぶにはいい。

最近の伏線で驚いたのは、小草若が放浪の果てにもう一度舞台に立つシーンで、父親であり師匠である草若のかつてのシーンを重ねていたところである。
(ほう。ここにつながるのね)
と思ってみていたら、それだけではなかった。

小草若の持っているギャグに「底抜けに!」というものがあるのだが、これがその日の演目であり、この間ずっとストーリーに関わってきたの「ハテナの茶碗」への伏線だとは気がつかなかった。

さて、最後の常打ち小屋の問題で、どうきれいにまとめるか楽しみである。

« 人生で一年間だけ、人は | トップページ | 手段はその後で十分である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生で一年間だけ、人は | トップページ | 手段はその後で十分である »