« 三日目 | トップページ | 狂気を刺激する春の夜 »

2008/03/09

四日目

四日目。

Rimg0096


御陰さまで仕事は完了。また、この仕事の次のやら、次の次のやらで東京に来ることになると思うが、まあ頑張ってやって行きましょう。

これは、これで大事な仕事だから。

            ◆

帰りの新幹線は、なんとはじめてのN700系である。
うひひ。
この新幹線は全席禁煙で、電源がある。だから、PCをやるには非常に便利である。

乗ってみて思ったのは、非常に乗り心地が改善されていると言うことである。ま、私好みなのかもしれないがサスペンションの効き始め柔らかくて、最後が硬めでありしっかりと粘る。安心してカーブに突入することが出来る。今度からもN700系に乗ろう。

            ◆

家に帰って、ドアのピンポンを押す。
(アー、泣かれたらどうしようかなあ)
と思って、どきどきしながら扉を開けた。

そこには、満面の笑みをたたえた娘がいた。
手足をばたばた動かす。
うううう、うううう。
うれしい。

忘れないでいたのね。

            ◆

本日、琵琶湖開きということで、湖畔には松明の火が並ぶ。
が、通常でも夜景がきれいなので、すぐ傍に行かないと見ることは出来ない。
それでも気分を味わおうと外に出る。
ベランダで受ける夜風は、春の風になっている。

来週は卒業式だ。

Rimg0092


« 三日目 | トップページ | 狂気を刺激する春の夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三日目 | トップページ | 狂気を刺激する春の夜 »