« パラグラフ・ライティング | トップページ | 本物を贅沢に浴びることが大事 平田オリザさん »

2008/04/18

正しい発声とは?

午前中は打ち合わせ。

新入生キャンプでお世話になったオーパルの中岡さんとあれこれ。二年間こちらで新入生キャンプをお世話になってきて、一つの方向性が見えてきたのでそれをヴァージョンアップするにはどうしたらいいのかということについて、あれこれ。

一つの企画が、次の企画を生み出していくことの面白さ、うれしさを実感。体が足りなくなると困るが、それはここは大学。学生たちがそこに積極的に関わってきそうなので、そこにどんどん任せていこう。

            ◆

メールでもいくつか新しい企画が動き出す。駆け続けるといつか転けてしまうだろうから、適度に休息もしつつ、それでも依頼があるうちは喜んで受け続けたいと思う。私の自分でも気がつかない分野に光を当てて頂ける企画だったらなおさらだ。

            ◆

国語科教育法では、「話す」ということと「板書」ということについての講義の予定だったが、「話す」の前半で終わってしまった。まだ授業が動き出したばかりなので、授業のルールや取り決め、さらには進め方などを丁寧にやっているので、時間がかかってしまう。

去年の進み具合見たら、同じ程度までしか進んでいないので、これはこれでいいだろう。来週は「話す」と「板書」をやることになる。

家本芳郎先生の著作や、鴻上尚史さんの著作を引いて、あれこれと授業を行う。

            ◆

引用開始 ーーーーーーーーーー

正しい発声とは?
「あなたの感情やイメージがちゃんと表現できる声を手に入れること」です。
『発声と身体のレッスン』(鴻上尚史 白水社 2002.4)

引用終了 ーーーーーーーーーー

「話す」ってのは、教師にとってとても大事なこと。だが、この「話す」はあまりにも日常的すぎるので、意識されない。私は「幸いにして」音痴だったことと、滑舌が悪かったことから、声を早いうちから意識することができた。

音痴を直すため、滑舌の悪さを直すために自分の声を多く聞いたのだ。テープに録音して、ひどいところを意識して直していったのだ。

ま、自分の声をテープで聞くと、あまりにもペラペラな音にショックを受けるのだが、それよりもとにかく直したいの一心で、聞いて直した。

そして、(どうやら私の声は良く通るらしい)と分かってから、さらに磨きをかけるにはどうしたらいいのかと、あれこれやってきた。

だが、自分の声がどのようになっているのか、相手にどんな風に伝わっているのかを考えることなく、意識することなく使ってしまっている教師は、少なくないのではないかと思われる。

うれしいときにうれしいということをきちんと伝える発声。
感情ではなく、論理を淡々と伝える発声。
怒っているけど、心の中では許していることを伝える発声。

教師にはいろいろな発声が求められる。これを使い分けながら、授業や指導は行うのである。そんな辺りを授業では話した。

授業や指導で使う、声と話し方は、日常で使うものとは別物であるということを、きちんと理解させたい。

            ◆

で、まず、授業である。
授業の空気を支配するのは、教師の「声」「話」である。ここを磨くレッスンをきちんとすることは、とても大事だと考えている。

« パラグラフ・ライティング | トップページ | 本物を贅沢に浴びることが大事 平田オリザさん »

コメント

今年は生徒たちに、自分の朗読や、スピーチを録画してDVDにして渡そうと考えています。
自分の姿を見て、聞いてみると、気づくことって多いですね。

『学び合い』をしていて、ちょっとお遊びで朗読のさわりをやってみせると、生徒たちもいろいろと声の使い方があるんだな、ということに気づくみたいです。

声。難しいですね。
 合唱部員だったり演劇部の顧問だったりして今があるのですが、なかなか難しいです。
 自分の声を録音すると鼻声です。でも生徒達には某タレントさんの声にきこえるそうです。

 今年度に入り、生徒から「あの先生、話すの多い」と言う発言があったので「私の方が早いよ」といったら、走でもないという返答。
 どうやら、心の距離感か聞き慣れがあるのかもしれません。
 過去、アドバイスを受けたのは、「口調が早い」でした。緊張すると普段の1.5倍のスピードで話してしまうクセがあるのですが聴く側が慣れると違うかもしれません。

 基本は大きな声(適度に)、語尾までしっかりはっきり聞こえる声なのでしょうか。

どんどん新しい企画にチャレンジしていきたいと考えていますので、これからもよろしくお願いします。 と書いているうちに、電話で面白い話が舞い込んできました。

来年以降の新入生キャンプに活用できるかもしれない話です。方向性が確定してから詳細お知らせ致します。

イクトスさん、また学生に発声のレッスンをしていただきたいです。学び合いのレッスンも楽しみに読んでいます。

cogitoさん、家本芳郎先生は、大きな声、明るい声、明瞭な声が大事だとしていて、明瞭な声では、
「口を大きくあけ、口の全部を使って一音一音を余さず、口の中に残さず、一番後ろの子どもに飛ばすような気持ちで発声するのである。そんな発声をしながら、くっきりした声をつくっていく。」家本芳郎著『教師のための「話術」入門 』(高文研)32pとしています。なかなか難しいですが。

オーパル中岡 さん、新しい企画ですか。楽しみです。お待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パラグラフ・ライティング | トップページ | 本物を贅沢に浴びることが大事 平田オリザさん »