« 本学ではオリター諸君が | トップページ | 春爛漫である »

2008/04/04

桜の精霊が宿っている

大学のすぐそばにある、岩屋神社の桜である。
こんなに見事なのに、私以外誰もいなかった。
坂道を上り詰めた山の斜面にあるからだろうか。

桜の精霊が宿っているんだろうなあと、思わず思ってしまう。
新入生キャンプの無事を祈願した。

写真をクリックして、ぜひ拡大して見ていただきたい。

Iwaya2

« 本学ではオリター諸君が | トップページ | 春爛漫である »

コメント

すばらしいですね。
4年間通いましたが、ここまできれいなの見たことがないです。

本校の川べりの桜も、今日の入学式にあわせて咲いてくれました。ありがたや。

京都では、真如堂とその北側の西側の石段沿いの桜がきれいだそうです。山中越えのときに、ぜひ足を伸ばしてみてください。

情報ありがとう。
先日京都の人は、どこの桜が好きかといういんたびゅーがありました。そしたら、答えは特にないんだそうです。つまり、
「そういえば、あそこの桜が咲きましたなあ」
という感じで、桜を愛でるのだそうです。
そりゃあ、そうだよな、これだけあるんだからと私は思いました。
大学の桜も、蹴飛ばすとパッと花びらが飛んでいってしまいそうなくらい、満開です。
ああ、切ない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本学ではオリター諸君が | トップページ | 春爛漫である »