« お昼から一気に駆け抜けた | トップページ | 寝ていよう »

2008/05/24

ランディ・パウシュの「最後の授業」

奥さんと娘がちょっと風邪気味。
週末は自宅で過ごすことになりそうである。

            ◆

娘はハイハイからお座り、お座りしたまま万歳ジャンプと動き回る。うーん、これで歩き出したらすごいことになるなあと思う。

見てくれの可愛さとは別に、この動きのすごさのアンバランスが、赤ちゃんの赤ちゃんたる所以である。アーアーいいながらジャンプし、時々こちらを見て私の存在を確認する。私がいることが分かると安心してまたぞろ、興味を持ったところに動き出す。

その様子を見ながら過ごす時間は、あっという間に過ぎる。

            ◆

午後、ひょんなことからたどり着いたページが、私をさらに変えてくれるかもしれない。

大きなやる気とアイディアを受ける。大学という職場で、これから私が何をして行かなければならないのか、して行くことが望ましいのかなどを考えつづけた。

泣きながら笑いながら、学んだ。

自分の人生のリミットが分かったときに、私に何が出来るのかはまだ全く分からない。しかし、いま私に出来ることをやることが、未来につながっていることは分かる。

未来は、今日から始まっているのだ。
ランディ・パウシュの「最後の授業」

http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA&feature=related

« お昼から一気に駆け抜けた | トップページ | 寝ていよう »

コメント

やっと最後までみました。

いろんなことが印象に残りましたが、No.9で

人の一番いいところを探すこと
誰でもいくつか必ず長所を見せてくれます。
何年かかってもひたすら待つこと。
悪いところだけの人間は一人もいません。

この言葉が一番きました。
*何年かかってもひたすら待つ がぐっと来ました。

いま、このことがなぜかフィットします。

いつも持ち歩いている携帯端末にダウンロードしました。
これからじっくり見ます。
さわりの部分しか見ていませんが、これからどのように話が展開するのか。
画面から目が離せなくなりました。

>> ガハハさん
私も書き抜きたい言葉がたくさんありました。ですが、書き抜かないで何回も見ようと思っています。この言葉も良かったですよねえ。

>> あべたかさん
見る時と場所を注意しないと、そのあとが大変になると思います。また、ご覧頂いたらコメントを下さいね。

すてきなプレゼントありがとうございます。

週末にじっくり聞き入り、英語版もダウンロードしました。
今日、また聞き返しました。
日本語の字幕をつけてくださった方に感謝するコメントが寄せられていましたが、こうしてどこかの誰かのおかげで共有できる幸せを感じました。

本も出るようですね。
さっそく予約しました。ありがとうございました。

やがて来る日ではあるものの、最終授業、最終講義がこんなに力強くすばらしいものになれるようにしたいものです。昨日より、今日。今日より明日。当たり前のことではありますが、少しでもいい授業をしたいなあと。

別件でメールしました。そちらもよろしくお願いいたします。

紹介された日に早速最初の1本だけを見ました。
圧倒されました。何という明るさとユーモアでしょう。
Mac派に改宗したというと拍手が起こったのが楽しかったですね。
これからじっくり見ます。
よいお知らせをありがとうございました。

追伸 風邪をお大事に。私も先週、頭痛でダウンしました。

生きる事のエネルギーのすごさ、教育ということの意味。さらに考えさせられました。峰本先生が、どのようにこの講義を見られるのか、ご感想をお聞かせいただけるとありがたいです。

お見舞いもありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お昼から一気に駆け抜けた | トップページ | 寝ていよう »