« 第2回 授業づくりネットワーク関西青年塾 2008 | トップページ | 村林先生が来てくださる »

2008/05/07

「カーン」であった

連休最終日だ。
授業をやりたい気持ちと、校正を終わらせなければならない気持ちが混ざっていてなんとも変な感じ。こういう時は読書とスポーツと風呂である。朝からこの三つをやってみる。

            ◆

で、結局琵琶湖のほとりでランチをして寛ぐ。
いつもはほとんど貸し切り状態の琵琶湖のほとりも、今日は人が多くいる。しかし、混んでいる感じはない。ゆったりとしていて、人が多いという感じだ。

Rimg12733


琵琶湖では子どもがヨットと格闘している。
風を読みながら進むのがしんどいのかくるくる回っている。

ガーデンの芝生の上で寝転んでいたら、どこからか習い始めたばかりであろうサックスの音が聞こえてきた。よせばいいのに、みんなが知っている曲を吹いている。で、音が外れるのでイライラが募る。

ガーデンにはチャペルウエディングようの鐘が設置してあるのだが、その鐘が実にタイミングのいいところで鳴った。サックスが失敗した瞬間に、「カーン」であった。爆笑である。がんばれサックスのおじさん。

            ◆

夜に集中して校正。
あと少しで終わるさ。

« 第2回 授業づくりネットワーク関西青年塾 2008 | トップページ | 村林先生が来てくださる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回 授業づくりネットワーク関西青年塾 2008 | トップページ | 村林先生が来てくださる »