« 一種の事例研究を行った | トップページ | ランディ・パウシュの「最後の授業」 »

2008/05/23

お昼から一気に駆け抜けた

ふう。
お昼から一気に駆け抜けた。

大学で学生のやっているボランティアサークル「京都守るんじゃー」の総会があり、ちょっと出席。じっくりと出席したいところであったが、午後からお客さんが来るのでその準備が。

            ◆

最初は、インタビューを受けるお仕事。とある進学情報系のHPに載るようである。1時間ほどお話をする。

入れ違いで、今度はとある日本を代表する企業から、相談ということであれこれ。2時間半ほどお話をする。何らかの形になると面白くなるなあ。

            ◆

国語科教育法は、「たほいや」である。私の定番授業の一つである。中学生に指導していた時、私の授業で好きなもののベスト3に必ず入っていたものである。

今日も悲鳴と叫び声と歓声と、にやけた笑顔で満たされた授業となった。

この「たほいや」がどうして国語の授業なのであろうかという方もいらっしゃるだろうが、それがまあ、国語なのである。

実は、

http://www.japanlaim.co.jp/shop/A357/Pcv6lq6Qe/syolist/667
に私の「たほいや」の授業のDVDがある。教材費にゆとりのある方、良かったらお求めください。謎が解明されると思います(^^)。

            ◆

夜は「京都守るんじゃー」の歓迎会があったのだが、今日はちょっと事情があってキャンセル。
さ、週末である。仕事がたまっているぞ。

« 一種の事例研究を行った | トップページ | ランディ・パウシュの「最後の授業」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一種の事例研究を行った | トップページ | ランディ・パウシュの「最後の授業」 »