« 「カーン」であった | トップページ | 基礎演習ゼミが実に面白い »

2008/05/07

村林先生が来てくださる

さ、夏の集中講義のスペシャルゲストが決まったぞ。
この春に読んだ本の中で、ベスト3には必ず入る本の著者に来ていただけることになった。

GW前に特別講師をお願いできないかと、本を読んだ感想とともにお手紙を書いておいた。本日学校に電話をして伺ってみたら、なんとオッケー。おい、学生諸君、喜べ。とんでもなくお忙しい先生に来ていただけるのである。

この特別講師の授業は、教師を目指す学生たちの必修の授業であるところ「特別活動論」でお願いする。児童教育学科の学生は土作先生がご担当される特別活動論を受けるのだが、時間があえばこの特別講師の先生の日、9/5(金)だけでも授業に参加させたいなあ。

『高校生レストラン、本日も満席。』村林新吾 (著)

この村林先生が来てくださる。
実に楽しみである。

この本は、教科書に指定する。課題も出るので、このブログを読んでいて私の特別活動論を受講する予定の学生諸君は、生協で購入して読んでおくように。

« 「カーン」であった | トップページ | 基礎演習ゼミが実に面白い »

コメント

はい。
早速アマゾンで注文しました(^^)

いやあ、これはこれは。
是非、ご感想をお聞かせください。

村林先生というので「まさか」と思って見たら、なんと「村林新吾」先生ですか。
私は前の職場でご一緒させていただきました。
お会いしたら、私の名前を出してみてください。
その後の対応が違う(?)と思いますよ(笑)

いやあ、そうですか。てるりんさんと繋がりましたか。うれしいことです。本日依頼状を発送してしまいましたので、この件は当日お話しさせていただきます。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カーン」であった | トップページ | 基礎演習ゼミが実に面白い »