« 合同研究入門ゼミ | トップページ | 本物の小学校教員の実力 »

2008/06/05

喜びの共有

娘に、
「ばぁ〜〜〜」
とやる。
「キャッキャ」
と喜ぶ。
私の顔を見て喜ぶ。これが今までの娘であった。

だが、今朝は違った。
娘に、
「ばぁ〜〜〜」
とやる。
「キャッキャ」
と喜ぶ。
そのあと、奥さんの方を見るのだ。
笑顔で見るのだ。

            ◆

いやあ、これは感動である。
自分の喜びを、喜びを与えてくれた人に返すのではなくて、第三者のお母さんに返しているのである。

喜びの共有をしようとしているのである。
コミュニケーションの発達を目の当たりにした父であった。

うひゃあ。

« 合同研究入門ゼミ | トップページ | 本物の小学校教員の実力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合同研究入門ゼミ | トップページ | 本物の小学校教員の実力 »