« 子どもたち、やるなあ | トップページ | しかし、授業も熱い »

2008/07/17

財務報告会があった

授業のあと学生の相談等に乗る。さらに事務仕事、教授会と続き、その後、学園全体の財務報告会があった。本学は、早くからHPで学園の財務情況を公開している。この10年ぐらい前の財務の状態から、今の財務状態を説明し、今後の学園の進む方向を考えると言うものである。

            ◆

財務関係のことは、私には全く分からない。説明を聞いて、配布された資料を見ながらお金の流れを追いかけて、ははあと分かる程度である。

しかし、これを仕事としてやっている人が社会にはたくさんいることを思うと、つくづく
(私は、会社員にならなくて良かったなあ)
と思う。私にはできない。

            ◆

本日、「いい先生になろう!!」という京都橘大学児童教育学科ブックレットが完成した。私は生徒指導と国語科教育について書いた。完成したので他の先生が書かれたものも読めたのだが、これが実に良い。

自分たちのテリトリーの物を褒めるのもなんだが、実に良い。非売品で関西の高校生に配布されるものになると思うが、機会があったら手にしてほしいと思う。私たちの授業に対する思いが、具体的な形となって提示されている。

Rimg0110

            ◆

で、財務報告会に向かうとき、このブックレットを読みながら歩いていたのだった。財務報告会が終わって部屋を出るとき、財務担当の職員さんにお礼を申し上げた。

『ありがとうございます。私には絶対できない仕事です。学園の土台をよろしくお願いいたします』
すると
「いえいえ、私たちの仕事なんて些細なものです。先生の持たれているブックレットの内容に比べれば、大した事はありません」
と。
『いや、そんなことはありません。私にはできない仕事をありがとうございます。私はその仕事はできないので、私の仕事として学生たちをびしびし鍛えようと思います』
と。

本当にそう思っている。私たちが教育と研究に没入できるのは、大学職員さんたちがしっかりと支えてくれているからだと思う。ありがたことだ。

« 子どもたち、やるなあ | トップページ | しかし、授業も熱い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもたち、やるなあ | トップページ | しかし、授業も熱い »