« 蝉時雨が心地よかった | トップページ | 「気持ちのよい風」 浮御堂 »

2008/07/19

すみませ〜〜〜〜〜〜ん!!

書写の集中講義である。1限と2限に同じ内容を行う。本当は一回で済むのだが人数が多いので二回に分けて行う。

本日は、自分たちが書いてきた作品を交換し合って、朱筆で添削をすると言うもの。人様の作品に赤を入れると言う事の重さを体験させることになる。

子どもたちの中にはお習字教室に通っていてうまい字を書くものもいるだろう。その字に、先生は朱を入れる。入れただけではない。その朱の入ったお習字は、家に持ち帰られて保護者に確認される。時には、一年中教室に飾る事にもなる。

人様の作品に朱を入れるということは、そういうことなのでもある。

なので、大変なのでいろいろな技を教える。
表技、裏技、コツに練習法とあれこれ。90分の授業ではここが限界である。だが、それだけでも見違えるようにうまくなった学生たちが現れた。良かった良かった。

            ◆

2限の授業終了後
「すみませ〜〜〜〜〜〜ん!!」
と言いながら座り込んで入ってくる学生二人。
『?』
「3、4限と間違えていました!!」

彼らは大学にいて軽音楽の練習をしていたと言う。
学生諸君が必死に授業をしていたその時間帯に、

「おい、リードに合ってないぞ」
とか言いながら軽音楽の練習をしていたそうだ。

おいおい、授業時間に合ってないのは君たちだ。
見事に欠席。
ま、来年も頑張れ。

            ◆

昼ご飯を食べて、3限。
ここはもう大サービスの時間。自分の字が書けない学生は個人レッスンをするぞとしてやってあげた。突然だったので人数は少ないが、その少ないのを活用してみっちりと。文字の勘所をつかむと、ぐっとうまくなる。せっかくなので平仮名も教える。良かった良かった。

字のうまい先生が小学校の教壇に立つ事を、私は本当に願っている。毎日その先生の字をずっと見て授業を受ける。子どもたちはその字のように字を書く。先生がうまければ、それだけ子どもたちがうまい字を書くようになる。

だから、鍛えたいと思っている。

            ◆

その後、一度家に帰って京都駅へ。ディベート関連でちょっと打ち合わせ。ホテルグランビアのラウンジで。とても混んでいました。京都は、とても暑い一日でした。

« 蝉時雨が心地よかった | トップページ | 「気持ちのよい風」 浮御堂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝉時雨が心地よかった | トップページ | 「気持ちのよい風」 浮御堂 »