« 琵琶湖の青空を飲み干した | トップページ | すぐに使えるミニネタ実践! 楽しい授業づくりDVDシリーズ »

2008/09/16

小さな家族旅行

噂の大塚国際美術館に行ってきた。
とにかく、スケールが大きい。
西洋の美術を時代順に陳列してある。
すべて模造である。
しかし、実物大である。

聞く所によると、あさ9:30から回っても閉館の17:00には間に合わないことがあるとの事であった。

私たちのスタートは、10:30から。娘も一緒だったので、泣き始めたらどちらかが休憩場所に行ってあやし、交代しながら回った。間に合わないかと思ったが、なんとかぎりぎり最後までたどり着いた。

            ◆

オープニングは、地下鉄大江戸線を彷彿させるエスカレーター。下から上に向かう。そして、最初からがつんとやられる。ミケランジェロの制作したシスティーナ礼拝堂である。

Sistina

この調子で1000点以上の美術品がその建物ごとであったり、作品であったりしながら陳列されているのである。美術の教科書に載っているものは、ほとんどあると言っていい。

入場料は3150円だが、これは高くない。もし、ヨーロッパに行くのであれば、ここで予習をしてから行くのがいいだろう。

            ◆

美術品もすばらしかったのであるが、そこは親ばかの私である。
娘の歩く姿に感動してしまった。

9/2に歩き始めて、そろそろ二週間というところであろうか。右足が出ると同時に右手が出てくると言うヨチヨチ歩きだ。その歩き方で、歩き続けるのである。

大塚国際美術館の長い廊下を、ただただ歩けるのが嬉しいだけで、50mも歩くのである。それを二回やったから100mである。

娘が前を歩き、私はその後ろを見守りながら、時々声をかけながら歩いた。
やがて、私のことなど気にもせずに遠くに旅立つであろう娘の姿を思い浮かべるのは、まだ早いと思いながらも思ったりしながら、歩いた。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND29730/index.html

伊勢正三さんの名曲、「そんな暮らしの中で」と、季節は違うが
いま、この瞬間なのだろうなあと思う。

            ◆

他にも、奥さんが通っていた幼稚園や小学校。昔住んでいた家とその前にある和洋菓子屋さんにご挨拶に行ったりと、なかなか充実していた。

この夏、小さな家族旅行を無事に終えることができた。

さ、後期の準備、締め切りを間違えてしまった仕事。
やるぞ。

« 琵琶湖の青空を飲み干した | トップページ | すぐに使えるミニネタ実践! 楽しい授業づくりDVDシリーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖の青空を飲み干した | トップページ | すぐに使えるミニネタ実践! 楽しい授業づくりDVDシリーズ »