« 数少ない夏休みの一日 | トップページ | 小さな家族旅行 »

2008/09/14

琵琶湖の青空を飲み干した

『柿本人麻呂はこの景色は見られなかったろうなあ』

と湖上で私は明日の教室の仲間たちに、話しかけた。もちろん人麻呂の

    淡海の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 情もしのに 古思ほゆ

を思い出しながらである。

昨日の明日の教室は、雄琴にあるオーパルで行った。カヌーの体験だ。午前中は簡単なレッスンで、午後は浮御堂までの片道4キロのツーリング。往復では休憩を入れて2時間30分かかった。

その帰りに見た空の広さが、どーんと心に迫ってきた。電線のない、ひろーい青空。それを琵琶湖の湖上から見たのである。思わず、

『柿本人麻呂はこの景色は見られなかったろうなあ』

と言ってしまったのである。

特別活動では、遠足や宿泊行事がある。この行事を通して子どもたちに、さまざまな力を育てて行く。

嘗て英語の外人講師が言っていた。

「日本には遠足とか修学旅行があっていいですね。私のアメリカでは不可能です」

と。とても面倒見切れないというのである。日本もそうなりつつある。教師の指導に従わない子どもたちを連れて宿泊を伴う行事を行うと言うのは、かなり厳しいものとなってきている。

ではあるが、それでもやるのであれば、いろいろな工夫をしてなんとか安全に、楽しく、力をつけさせたい。私もそうしていろいろとやってきた*1。

三連休の初日、運動会の取り組み、新学期の疲れ、集中講義などなどさまざまなことがあってか、この日の参加者は11人と少数であった。

が、参加したみなさんは大満足だったと思われる。(今回、アンケートをとれなかったので、文章がないので、思われるである)

(この満足を子どもたちに経験させてあげたいなあ)

ということが、新しい教材づくり、授業づくり、行事づくりになっていくのだと私は思っている。

懇親会は京都駅近辺のお店で。
私はメニューにあった「蒼空」という日本酒をためらう事無く頼んだ。
この日に一番の日本酒だと思ったからだ。

そして、それは大正解であった。
あの琵琶湖の青空を飲み干したかのようであった。

次回の明日の教室は、10/4 
いつもの児優館で、ダンスです。

*1 『授業づくりネットワーク』NO.219    2003/10    池田修    「移動教室の改革−分宿の試みとインターネット無料掲示板を活用した事前学習−」参照

« 数少ない夏休みの一日 | トップページ | 小さな家族旅行 »

コメント

大満足でした★ありがとうございました!
カヌー漕ぐのはなかなか体力勝負だったけど、楽しかった~!
そして、カヌーの後のジャグジー露天風呂×プールの気持ちよさそうなこと(><)
ほんと、素敵な一日でした☆

ただ・・・日本酒飲みほしすぎて、
財布落としました。涙


そうですか、出てきませんでしたか。
残念。カードは止めましたよね。

ではありますが、琵琶湖を多いに満喫して頂けたようで良かった良かった。学校の方もどーんとやってね。今度は、ジャグジーに入れますようにf(^^;。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 数少ない夏休みの一日 | トップページ | 小さな家族旅行 »