« エレベーターのボタン | トップページ | 風邪だ »

2008/10/03

一週間の授業が終わると

涼しくなったなあと思って長袖のシャツに上着を着て家を出たら、なんと結構暑い。日中はまだ夏の名残があるのか。

             ◆

授業が二つ終わって研究室に戻ると、外は真っ暗。
いやあ、関西でも日が沈むのが早くなった。

一週間の授業が終わると、それはそれなりにほっとする。
ここをもう少しやれたかなとか、来週はこの導入から始めるかなどとあれこれと思うのではあるが、ほっとすると言うのが一番の思いである。

これは中学校式の授業に慣れている私だからなのかもしれない。
中学校は、ひとつの内容をクラス分だけやる。3クラスあれば3回。4クラスあれば4回。だが、大学では一回でオシマイである。同じ内容は来年まで無い。

データを新しいものに変更し、構成を作り直して今年の授業を作る。そして、その一回でオシマイになるのである。ああ、なんて贅沢なんだ。でも、教育は贅沢なものである。

             ◆

小学校の授業は、もっと贅沢かもしれない。私は来年また同じ授業を担当すれば、今年の分が活かせる。しかし、小学校は今やっている授業を次にできるのは、いつになるのであろうか。しかも、一日に六時間である。なんて贅沢なのだろう。

そして、準備がとても大変なのもよくわかる。

             ◆

明日は、明日の教室
また、学ぶことでエネルギーを貰うつもりだ。

« エレベーターのボタン | トップページ | 風邪だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エレベーターのボタン | トップページ | 風邪だ »