« 大学祭二日目 | トップページ | 「妙な正しさの殻」 »

2008/10/27

今日は久しぶりのオフ

今日は久しぶりのオフ。怒濤の11月を迎える前に、ゆったりとする。

11月は東京に行くことからスタートし、いくつかの研究授業の講師、いくつかの講座の講師、東北出張、高校での模擬授業に、教育委員会での講師などなど。通常の授業をしながら。いったい誰がやるんだろうと思うが、私である。あまり考えないようにしよう。

考えなくてもいいのだが、準備はしなければならない。研究授業の打ち合わせはメールでやったりもしている。小出しに質問してくれるのであれば、メールの方がやりやすいとも思う。切羽詰まってからどーんと大きな質問を貰うとなると、たまらないが。

今日は奥さんのオフでもある。
ずっと娘を見てもらっているので、オフ。正倉院展へ出かけていった。彼女の専門はこの辺りであるからして、毎年一回のこれは見せてあげたいと思う。本当は一週間に一回ぐらい子育てからオフにしてあげたいのであるが、なかなかそうならなくて、すまんと思う。

私は読書と風呂と散歩。
あれ、あまりいつもと変わらない?
ただ、娘のご飯に昼寝に散歩にと、ずっと娘と一緒であった。

ハンモックに寝転がって、娘を抱っこするのだが、娘はまだハンモックの揺れが落ち着かないようですぐに降りたがる。一緒に昼寝をするのはいつのことやら。

ガーデンではコスモスとバラが青空の下、奇麗に咲いていた。芝生も緑が戻ってきた。私は寝転がって空を見、娘の歩き回る姿を見、秋を感じていた。

お母さんがいないので、娘は(仕方なく)私にべったり。リビングのソファに腰掛けていたら、その膝の当たりに背中をくっつけてきて、体を反らして私の方を向く。うーん、可愛い。なんだこりゃ。

昼寝をさせてから私は家の中のあれこれをする。そろそろ夕ご飯を食べさせようと思っていたら、外線電話が怪しい動き。
(を、これは)
と思って寝室に行くと、何やら怪しい音。
ドアを開けると、恐ろしい光景。

暗い寝室で電話の子機を持って、ボタンを押す娘。子機からの明かりが娘の顔を下からライトアップして、おぞましい形相に仕上げていた。爆笑であった。

体調が戻ってきたのだと思う。この三週間、体調を戻すためにニンニク料理を食べようと思いつつも体が受け付けなかった。が、今日久しぶりに白身魚のガーリックオイルがけを作って食べた。

これだけ体調が悪いにも関わらず体重が減らないのはいかがなものかと思っていたのだが、致し方がない。

このまま食欲の秋に突入と言うことになりそうである。

« 大学祭二日目 | トップページ | 「妙な正しさの殻」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学祭二日目 | トップページ | 「妙な正しさの殻」 »