« 若い女の先生で実力がある | トップページ | さ、怒濤の11月が始まった。 »

2008/10/31

五限が終わってからお茶会をする

午後から授業三連発。

本当は、三限と五限なのであるが、四限に補講を入れた。五限の国語科教育法の授業で、先週大学祭の書道展のためにどうしても授業に出られないと言う書道コースの学生たちがいたので、そのメンバーのために補講である。

正当な理由があって、学ぶ意欲を持ちながら授業に参加できないのであれば、出来る限り対応してやりたいと思っている。だから、補講である。

五限は、正規の国語科教育法2である。
が、ここで私のミスが発生。

本来はパソコン室で行う予定であったのに、予約の日程を私は間違えてしまい、今日のつもりが来週を予約してしまっていた。さらに、資料の印刷も、来週に刷り上がるようにお願いをしてあったので、授業の進め方がグダグダになってしまった。急遽あれこれをして授業を進めるが、準備が不十分になってしまった。申し訳ない。

授業の後半は、1つの詩を使って、教材分析、教材研究の仕方の授業をする。子どもの書いた詩を読解することを通して、教材を研究すると言うことは具体的に何をするのかということを例示する。

一読したときの感想と、分析をした時の感想が全く違うことに、学生たちは驚く。素材を、教材に高めて授業をつくって行くと言うことの醍醐味の一部を感じられたようだ。

で、五限が終わってからお茶会をする。

四限の授業で、「京都のお店紹介」のスピーチをさせたのであるが、学生の一人が「みなさんで食べたいんですけど」とお土産を買ってきてくれたのである。「松風」である。

私は、向田邦子さんが大好きだった「味噌松風」が大好きなのであるが、シンプルな「松風」も好きである。仲間のことを考えてくれた学生の心遣いがいいなあと思い、授業後、私の研究室からお茶を用意して、国語科教育法2の学生たちと一緒に「松風」を頂く。うまい。三連発、90分×3の授業を終えた喉にはお茶が気持ちよい。

『で、来週は誰がお菓子を持ってくるの?』

と思わず言ってしまうぐらいであった。

このお茶会をしながら、模擬授業のグループ分けをし、授業中に配れなかったプリントを慌てて配ったりしたりもした。

さあ、三週間後から模擬授業が始まる。楽しみである。

« 若い女の先生で実力がある | トップページ | さ、怒濤の11月が始まった。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若い女の先生で実力がある | トップページ | さ、怒濤の11月が始まった。 »